みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

韓国のこと

ソウル市の片隅 わが心の故郷 ヨンドゥンポ地区

秋も深まったある日、午前3時に目が覚めてしまったのをいいことに、サッと着替えてバスに乗り込みました。ソウル市内は深夜でも走っているバスが多くて便利なことです。深夜なのに、きちんと乗客もいます。 ソウル市民は寝ることを知らない宵っ張りだとよく…

ソウル・東大門玩具文具市場に行ってみました

韓国に出かけた最終日、細君がエステに行っているあいだ、子供たちがお土産の玩具が欲しいというので、 バスに乗ってやってきたのはこちら。 東大門にある「東大門玩具文具市場」です。 地下鉄동대문(東大門)駅4番出口から동묘앞(トンミョ前)駅6番出口…

ソウル・東大門クツ通りに行ってみました

今回、韓国にきた目的の一つに子供たちのクツを買う事にありました。 前回、お墓参りで渡韓したお土産に子供用のクツを買いましたが、日本にはない斬新なデザインのものが多い上に値段も安いです。 日本だったら5000円くらいしそうなクツが2000円前…

忘れえぬ韓国の思い出 田舎町ソミョンの悲哀

大韓民国、第二の都市である釜山市に、ソミョン(서면)という駅がある。 2014年の秋、この地を訪れた時に駅前に宿をとった。 一泊1500円。여관と書いて旅館(格安宿)という意味もあり、女館(売春宿)という意味ももつ時もある。 泊まる時に、受付…

【翻訳】大韓民国海兵隊 第2師団による合唱で、「팔각모 사나이」(八角帽の男)と「내가 선택한 해병의 길」(俺が選んだ海兵隊の道)

【日本語字幕・ルビ】大韓民国海兵隊 第2師団による合唱「팔각모 사나이」(八角帽の男)、「내가 선택한 해병의 길」(俺が選んだ海兵隊の道) 久々の翻訳です。今回は大韓民国海兵隊 第2師団による合唱で、「팔각모 사나이」(八角帽の男)と「내가 선택…

呉世浩(オ・セホ)著「水の国のアリラン」全1巻 完結

呉世浩(オ・セホ)著「水の国のアリラン」全1巻 完結 今から20年以上前に週刊モーニングに何度か掲載されました。 当時は今ほど日韓関係が冷え込んでいなかった頃です。 単行本も1996年の発行なので今は絶版となっており、なかなか手に入りませんが…

黄美那(ファン・ミナ)著「ユニ 允姫」全2巻 完結

黄美那(ファン・ミナ)著「ユニ 允姫」全1~2巻 完結 今から20年以上前に、週刊モーニングに何度か掲載されました。 当時は今ほど日韓関係が冷え込んでいなかった頃です。 単行本も20年以上前の発行なので今は絶版となっており、なかなか手に入りませ…

黄美那(ファン・ミナ)著「李さん家の物語」全1~4巻 完結

黄美那(ファン・ミナ)著「李さん家の物語」全1~4巻 完結 今から20年以上前に、週刊モーニングに何度か掲載されました。 当時は今ほど日韓関係が冷え込んでいなかった頃です。 単行本も1998年の発行なので今は絶版となっており、なかなか手に入り…

カン・ドハ著「偉大なるギャッツビ―」全7巻 完結

韓国ではインターネット漫画というジャンルがありまして、パソコンで漫画を描いてインターネット上にアップし、広告収入などを得ている人がけっこうな数います。 この漫画も、そのうちの一人であるカン・ドハが描いたもので、のちに人気が出て単行本が出版さ…

可愛い可愛いクムジャンディ♪♪♪

とあるガラクタ市にやってきました。市場の正式な名前は忘れたのですが、駅でいえば1号線と6号線のトンミョ駅ちかく・・・スンジン小学校の周囲ですね(何処ここに、毎週末にはものすごい数のフリーマーケットが出ると聞いてやってまいりました^^ トンミ…

カン・プル著「あなたのすべての瞬間」(原題;당신의 모든 순간)インターネット漫画 完結

강풀(カン・プル)という、韓国ではちょっと有名なインターネットマンガ家。 パソコンで漫画を描き、インターネットで公開し広告収入などを得ている人ですが、この人の作品は評価が高く書籍化や映画化もされています。 ko.wikipedia.org その中でもみうけん…

日本の商船を攻撃目標にすえる韓国軍

突然ですが、みうけんは韓国が大好きです。 韓国の文化、風土、芸能、いろんな分野で関心を持ち、ある程度なら韓国語で会話できるようになりましたし、テレビや映画も字幕なしでもだいたい大丈夫です。 友人も日本人より韓国人の方が多いです。 韓国旅行も5…

2007年(平成19年)韓国映画「光州5・18」(原題:華麗なる休暇)

2007年(平成19年)韓国映画「光州5・18」(原題:華麗なる休暇) www.youtube.com まだそう遠くはない1980年5月。 韓国の地方都市でタクシー運転手をしていた青年と看護婦の彼女(まだ友達〜恋人未満か)。 そして、青年の弟である男子高校生。 田…

2009年(平成21年)韓国映画「牛の鈴音」

深夜の映画観賞。韓国映画界を涙に落とし入れ、未曾有の300万人を動員した「牛の鈴音」(워낭소리)。 「牛の鈴音」予告編 12月19日全国ロードショー! 田舎の名もなき老農夫が30年連れ添って生きてきた牛。その牛にも、老夫婦にも刻一刻と最期の瞬間が…

2017年(平成29年)韓国映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」

本日、韓国映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を見てきました。 おそらく今までで一番、衝撃的で涙なしには見られなかった映画です。これは、1人でも多くの人に見てほしい。 ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマンら出演!映画『タクシー運転手 ~約…

2009年(平成21年)韓国映画「ヘウンデ」

深夜の映画鑑賞。 韓国映画『海雲台 (해운대) 』予告編 海水浴客で賑やかな韓国のリゾート地「ヘウンデ」を巨大津波が襲うパニック映画。この映画を見ると3・11を思い出す。人間の力とは、大自然の前にいかに無力か。久々にみるオムジョンファの、やんち…

1986年昭和61年)北朝鮮映画「洪吉童」(ホンギルトン)

深夜の映画鑑賞。今夜は北朝鮮映画「洪吉童」(ホンギルトン)。 wikipediaによると、洪吉童(こう きつどう、ホン・ギルトン、홍길동)は朝鮮時代の小説『洪吉童伝』の主人公。 同書はハングル(正確には訓民正音)で書かれた最古(1607年ごろ)の小説(後述…

【韓国旅行記51回2日目ー3】普門寺から再び船着き場へ。ソウルに帰る(平成26年5月24日(土))

www.miuken.net からの続きです。 さてさて。無事に第一番。普門寺の参詣を終えて、少しお腹が空きました。バス停留所と船着き場の周囲には、いかにも観光客向けのお店が並んでますが、ここは普門寺門前ほど呼び込みはひどくありませんでした。まぁ、なんと…

【韓国旅行記51回2日目ー2】いよいよ普門寺へ到着、御朱印を頂く(平成26年5月24日(土))

【韓国旅行記51回2日目ー1】 朝早く起きてバスと船で島へ渡る(平成26年5月24日(土)) - みうけんのヨコハマ原付紀行の続きです。 韓国本土からバスと渡し船を乗り継いで、ようやっと席毛島(ソンモド)に到着。そこからさらにバスに乗り、停留所か…

【韓国旅行記51回2日目ー1】 朝早く起きてバスと船で島へ渡る(平成26年5月24日(土))

前ページはこちら 【韓国旅行記51回目1日目】 日本出国~一日目の夕飯(平成26年5月23日(金)) - みうけんのヨコハマ原付紀行 さて、今回の韓国33観音めぐり。ここからが本番です。 韓国33観音聖地の第一番は、ソウルからバスと渡し船を使って…

【韓国旅行記51回目1日目】 日本出国~一日目の夕飯(平成26年5月23日(金))

今では閉鎖されつつありますが、この旅行を思い立った当時は「韓国三十三観音めぐり」というものがありました。 御朱印巡りをされた経験のある方なら、坂東三十三観音や西国三十三観音、秩父八十八か所めぐりなどは聞いたことはあるかもしれません。 このこ…