みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

歴史とグルメ過去記事マップ・ブログ紹介

今までの過去記事マップと、このブログの紹介、管理人についてまとめたページです。 徐々に更新していきます。

中区曙町の「聚香園 曙町店」で水煮牛肉&福建菜炒飯

関内駅から鎌倉街道を南下した通り沿いにある中華のお店。 この日は美味しい水煮牛肉が食べたいなぁと思っていましたが、華隆餐館も一祠八堂も閉まっていて途方に暮れたところに、「四川料理 福建料理 聚香園」の看板が煌々と輝いているのを発見して、何も考…

中区羽衣町の「すき家 横浜羽衣町店」で粗挽きソーセージ朝食

いつも、外食の時はどんなお店だったのかなるべく外観写真を撮って載せるようにしてはいるんですが、この時はお店の前に酔っ払いが寝ていたので撮りづらいことこの上なく、今回は割愛させて頂きました。 まぁ、なんというか土地柄だね!! そして、店内では…

港南区大久保の「ビストロパニエ」でランチボックスのお持ち帰り

いつも行きつけにしている、美味しいビストロのお店。 行きつけとは言ってもランチボックスのお持ち帰りでしか利用したことがないのですが、三浦半島産の野菜などを活かして丁寧に作り込まれた料理が美味しくて、みうけんも細君も常時お気に入りにランクイン…

中区山下町 中華街の「謝甜記 貮号店」で皮蛋痩肉粥

いつぶりの中華街でしょう。 中華街って、近くに住めば住むほどなかなか行かないもんです。 多分、今年(もうすぐ11月)にはいって初めてじゃないかな。 てなわけで、観光客よろしく名所を一枚パチリと。 今回は、みうけんが愛読している山本ありさんの本…

里人たちの信仰絶えない 上矢部の薬師堂(相模原市)

相模原市のなか、広大な敷地を誇る米軍相模原補給廠(返還決定)の近くに、普段は静かな住宅街である上矢部という地域があります。 このあたりは観光地でもないので訪れる人も限られていますが、中世には豪族矢部氏が城を構えるなど、なかなかに歴史が深いと…

時化の夜に海を渡った 目に釘を打たれた龍(横須賀市)

三浦半島の東端、観音崎の風光明媚な海岸よりどこまでも続く砂浜を南下していきます。 途中、海沿いの風光明媚なところを過ぎて引橋に至るのが国道134号線、通称三崎街道です。 この、宝蔵院前の交差点を山側に入るとすぐに見えてくるのが浄土宗寺院の 五…

今でもよだれかけが奉納される 子育て地蔵と夜鳴き地蔵(相模原市)

JR相模線の線路と並ぶようにして流れる鳩川は、古くから人々の暮らしに密接してきた川です。 そのため、この流域には昔からいろいろな逸話が残されています。 ある日、南橋本駅と上溝駅のちょうど中間あたりの「てるて幼稚園」の近くを原付で走っていたと…

横浜の歴史を見守り続けた 道慶橋と道慶地蔵尊(横浜市南区)

横浜市磯子区の円海山あたりに期限を発する笹下川は、港南区の「関の下」あたりで日野川と合流して大岡川と名を変え、港南区と南区を流れた後は途中で中村川と別れて、かつての吉田新田であったところを囲むようにして流れています。 その大岡川に沿って京浜…

今年も青い夏ミカンのカクテルの季節がやってまいりました

我が家には、もとの家主だったおばあさんが記念樹として植えた夏ミカンの木があります。 もうずいぶんと大きくなり、毎年毎年たくさんの実をつけてくれます。 ゆうに100個はできてます。そんなにいっぱい、誰が食うんじゃという感じですが。 みうけん家の…

安い牛すじを買ったので煮込んで牛すじカレーにしてみた

いつだったかな、横浜は弘明寺というところにある牛すじカレーのお店で、美味しい牛すじカレーを頂きました。 www.miuken.net その時に美味しかったので、これは自宅でもチャレンジしてみたいなと思いつつ幾星霜。 とうとうハナマサで買ってしまいました、煮…