みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

②歴史と民話とツーリング-大磯町

もはや誰が手を合わせるだろう 森の中の湧水稲荷(大磯町)

神奈川県の西側、海沿いに位置する大磯町はあまり広い町ではありません。 しかし南側は悠遠の相模灘に面し、北には秦野盆地へと続くなだらかな丘陵が広がる、温暖で風光明媚な土地であるばかりでなく、旧東海道が通っていたことから人々の往来も多かったので…

虎御前と旅人たちの足あと 東海道の化粧井戸(大磯町)

神奈川県を東西に分ける相模川を渡り、国道1号線を西に向かって進んでいく。 この道はかつての東海道で、江戸から京都を結ぶ主要な街道であったが、現在は交通量が多く、自動車向けに整備された大通りとなっている。 そんな国道1号線を進み、花水川を渡っ…

帰らぬ夫の帰りをいつまでも待ちわびた 若妻の愛の地蔵尊(大磯町)

JR東海道線二宮駅の北側2.5キロのところに「富士見平」というバス停があるが、ここまでくれば人家はまばらで、周囲は見渡す限りの農村が広がるのどかなところである。 この、富士見平のバス停の脇にはひっそりと開けた台地があり、その奥には目立たない…

山深き奥地に秘められた 楊谷寺(ようこくじ)谷戸横穴墓群(大磯町)

春まだ浅き日、愛車のJOGを走らせてお墓参りに行った後、平塚にある高麗山のふもとから山道をグングンと走らせて登り続けた。 途中、いくつかのカーブを越えて、ますます急峻な坂を上れば、その辺りはかつての愛車であった日産のセレナではとうてい曲がれ…