みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

②歴史と民話とツーリング-横浜市栄区

家康公との縁をつないだ 素焼きの茶碗(横浜市栄区)

鎌倉街道の鍛冶ヶ谷交差点の脇、本郷ふじやま公園のふもとにあるのが浄土真宗大谷派寺院の中村山 天岳院 長慶寺であり、草創については詳らかではないものの、もとは天台宗と真言宗を兼ねた密教の道場として、現在の大船・玉縄のあたりにあったという。 鎌倉…

老僧と寺を結んだ がんじ谷戸の白い犬の伝説(横浜市栄区)

横浜市の環状4号線、栄区上郷あたりの山手学院入口の交差点から山手学院の方角へと登っていく道のあたりを、古老たちは「がんじ谷戸」と呼んでおり、時折車が通るもののほとんど通行人の姿を見ることがない、昼間でも寂しい旧道である。 「がんじ谷戸」の由…

現代人には想像もつかぬ昔の暮らし 上郷・光明寺の力石(横浜市栄区)

横浜市の外周に近いところを走る流通のかなめ、環状4号線の栄区上郷のあたりに、浄土真宗本願寺派の古刹である梅澤山 仙福院 光明寺がある。 このお寺の歴史は古く、聖徳太子の側近だった秦河勝(新編相模国風土記稿では小野妹子とされている)が当地を巡幸…

時の流れを見守り続けた 白山社の跡と昇龍橋(横浜市栄区)

横浜市のほぼ外周をぐるりと囲むようにして走る環状4号線の、最も南側に近い栄区野七里のあたりに、八軒谷戸という交差点があるが、ここから少し入っていったところを流れる鼬川(いたちがわ)にかかる、実に趣のある石橋がある。 その石橋の脇には、崖から…

悲運の妃 照玉姫の霊を慰める 上臈塚の伝説(横浜市栄区)

JR根岸線本郷台駅の駅前通りを南下し、栄区図書館の裏側にある小高い丘を登って行くと、しだいに道は細くなって生活道路となり、地元の人しか歩かないような閑静な住宅地へと変わるが、このあたりは公田(くでん)と呼ばれて横浜市の難読地名の一つにも数…