みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

②歴史と民話とツーリング-鎌倉市

鎌倉を涙で濡らした愛 木曽義高と大姫の秘話(鎌倉市)

大船駅東口の雑多な商店街を抜けると街は閑静な住宅街へと変わっていく。 その住宅街の先にあるのが臨済宗建長寺派の寺院である粟船山 常楽寺(ぞくせんざんじょうらくじ)であり、鎌倉時代の嘉禎3年(1237年)に北条泰時を開基としてつくられた古刹で…

悲運の皇子 護良親王の最期・下(鎌倉市)

www.miuken.net 前回は護良親王についての解説と、戸塚区の首洗い井戸、首級を埋めたとされる王子神社、護良親王の乳母の悲しき伝説をわずかに残す伊勢山皇大神宮を見てきたが、舞台は鎌倉へと移る。 護良親王は皇族であるため、宮内庁が歴史の見解を出して…

海を見渡す 内藤家墓地の見事なる造形美(鎌倉市)

鎌倉のはずれ、浄土宗の大本山である光明寺の裏山を原付で走っていると、第一中学校の辺りは小高い丘になっており、眼下に美しい材木座の海岸を眺める事が出来る風光明媚な道に出る。 そこから少し行ったところに、高さが4メートルもあろうかという立派な宝…

伊豆大島から鎌倉まで飛んだ 弓矢の伝説を伝える六角の井戸(鎌倉市)

鎌倉から逗子に向かう途中、右手の材木座海岸に和賀江島を望みながら海沿いの道を南下していくと、遠くには富士山を眺める秀麗明媚な光景が広がるが、交通量の多い国道の路傍に原付を停めては、こうして風景を楽しむことができるのも原付の醍醐味である。 国…