みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

②歴史と民話とツーリング-小田原市

沼に沈んだ鐘が鳴らした 広済寺の鐘藪の由来(小田原市)

国道1号線の押切橋交差点を折れて山側にしばらく進んでいくと、曹洞宗の古刹である萬年山・広済寺という寺がある。 この広済寺は、寺伝によると元は箱根宿の宿場上町にあって慈善事業を施していたが、江戸時代の初期に大山道がひらけた際にここに移った、と…

男女が合わさり 子孫繁栄を願う国府津の男女相対道祖神(小田原市)

JR御殿場線に沿うようにして松田町と国府津を結ぶ、通称松田国府津線は地域の重要な連絡道路であり、生活道路として欠かせない存在になっている。 ここのあたりは昔からの街道が通っていたようで、山に沿うようにして小さな道祖神を見ることができるが、松…

600機の敵機に単身で挑んだ 上原中佐の慰霊碑(小田原市)

JR東海道線、国府津駅の北側を東西に走る「やまゆりライン」から分岐する道のうち、道沿いに王子神社や吉祥院が並ぶ、昼なお寂しい山道がある。 この山道をバイクで走るうちに、やがて大きく東側にカーブするところがあるが、そのカーブの片隅にはひっそり…

業苦が覆う時代に光をともした 国府津の建武古碑(小田原市)

JR東海道線の国府津駅はかつて東海道線の要所であり、現在の御殿場線へと向かう旧東海道線に機関車を連結する起点駅として大いに発展したが、その役目を終えた現在としては海沿いに広がる閑静な住宅地を擁する穏やかな光景が広がる駅となっている。 その国…

小田原の神社で朽ち果てていく 戦争の生き証人(小田原市)

伊豆箱根鉄道大雄山線の井細田駅から山王川に沿って西へ進み、小田原厚木道路をくぐって山すそにあるのが、この地で古くから鎮守を務めている郷社の神山神社がある。 この神社は神山神社と書いて「こうやまじんじゃ」と読ませ、小田原市城山にある大稲荷神社…

民衆を愛した日蓮聖人が両親に祈りをささげた象ケ鼻の霊跡(小田原市)

観光客で賑わうする箱根登山鉄道・風祭駅の近く、小田原厚木道路と国道1号線が交差するところに、あまり目立たない踏切があるが、その脇には崖に面した細い獣道があり、入口の脇にはいかにも古びた案内看板がひっそりと建てられているのが見てとれる。 その…