みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

②歴史と民話とツーリング-平塚市

海上安全の守護と供養を願った 高浜台のお阿弥陀さま(平塚市)

平塚市の相模川の河口に近いところ、眼前に海が望めようかという高浜台のあたり、駐車場の片隅にひっそりと石仏が並んでいる一画があります。 その中でもひときわ目立つのが、見上げるような石の台座の上にお座りになっている阿弥陀如来の坐像で、地元では「…

怪談番町皿屋敷の主人公 お菊の墓とお菊塚(平塚市)

神奈川県の平塚駅前は、神奈川県西部の中では本厚木、小田原にならぶ大きな町に発展し、そのにぎわいもたいへんなものですが、この平塚駅から歩いて10分ほどのところに紅谷町公園という公園があります。 ここはビルや商店の隙間にあるような小さな公園です…

死者を葬った塚が語源 神奈川県の平塚の由来(平塚市)

みうけんの個人的な感覚ですが、神奈川県というところは中央に相模川が流れ、綺麗に東西に分断されていると思います。 その東を県東、西を県西と考えています。 (行政的にはもっと違う基準で分けているかもしれませんが) その神奈川県西部、すなわち相模川…

主人の仇を取った 烈女「お初」の墓(平塚市)

平塚駅北口から真西に1.4キロほど行くと、住宅街の中にたたずむ松雲山 要法寺があります。 このお寺は約700年前、鎌倉幕府の執権北条泰時の次男であり、この近辺の地頭であった北条泰知の屋敷だったところです。 北条泰知はたいへんに熱心な念仏信者で…

平塚の銭洗弁財天 醫王院 妙圓寺 参詣記(平塚市)

平塚市、といっても随分と奥深くに入り、もうほとんど秦野市に近いところに、その名も座禅川という川が流れています。 昔、この川のほとりで修行僧が座禅を組んでいたことからその名が付いたそうですが、その座禅川のほとりにあって「土屋銭洗弁天」の異名を…

夜遊びの上にほうほうの体で逃げ帰った 金目山光明寺の仁王様(平塚市)

丹沢山塊を源流として秦野を経て、やがて相模湾に注ぎ込む川に金目川という川があります。 静かな清流の両岸にはのどかな田畑が広がり、そのすき間を埋めるように家が建つ里からは遠くに富士山を眺めることが出来、実に風光明媚な土地柄です。 この金目川の…