みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

②歴史と民話とツーリング-二宮町

山村の小さい沢に伝わる 大蛇の伝説【下】(中井町・二宮町)

さて、このお話の【上】では若い娘を飲み込もうとした、おそろしい蛇の話を紹介しました。 【下】となるこのお話では、人の役に立った大蛇のお話を紹介していきます。 【上】でも紹介しました中井町と二宮町の境となる小さな沢、「立沢」が葛川に流れ込むと…

山村の小さい沢に伝わる 大蛇の伝説【上】(中井町・二宮町)

中井町の井ノ口あたりから暗渠を出て二宮を経て、大磯の街を西から東へ横断した後に相模川に流れ込む葛川という川があります。 現代では二級河川という位置づけですが、この葛川の流域は遠くに大山を望み、眼下に相模灘を見下ろす風光明媚な土地柄で、また東…

幼くして亡くなった子らを導く 西光寺の百体地蔵尊(二宮町)

神奈川県の海に沿って走る国道1号線は旧東海道であるが、その1号線から川匂神社入り口の交差点を入って山側に進んでいくと、道路が右側に急カーブをした奥にあるのが真言宗の無量山・雨宝院の西光寺である。 この寺は小田原市国府津にある宝金剛寺の末寺で…

篤い信心が妙智力を呼んだ 川勾の善波稲荷の伝説(二宮町)

東海道を西に進んで川勾神社入り口の交差点を折れ、密厳院のあたりをさらに西側に折れ、中村川に沿うようにして走る細い道を原付で進んでいく。 このあたりになると、自動車では通ることが少々難儀するような、古く細い道がずっと続いているところである。 …

親たちの願いを託された 西光寺の子育延命地蔵像(二宮町)

神奈川県の海に沿って走る国道1号線は旧東海道であるが、その1号線から川匂神社入り口の交差点を入って山側に進んでいくと、道路が右側に急カーブをした奥にあるのが真言宗の無量山・雨宝院の西光寺である。 この寺は小田原市国府津にある宝金剛寺の末寺で…

旅ゆく人の安寧を願った 川匂の袖切地蔵尊(二宮町)

神奈川県の海に沿って走る国道1号線は旧東海道であるが、その1号線から川匂神社入り口の交差点を入って山側に進んでいくと、道路が右側に急カーブをした奥にあるのが真言宗の無量山・雨宝院の西光寺である。 この寺は小田原市国府津にある宝金剛寺の末寺で…

かつて湯治客で賑わった 川匂の湯場(二宮町)

二宮町立二宮西中学校の近く、西光寺の南側の路地のところに、道路脇に湧水が溜まっている一角がある。これを、地元の人は単に湯場、正確には「川匂の湯場」と呼んでおり、一見してただの水たまりのようにも見えるがれっきとした文化遺産なのであるという。 …