みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

【韓国旅行記51回2日目ー3】普門寺から再び船着き場へ。ソウルに帰る(平成26年5月24日(土))

www.miuken.net

 

からの続きです。

 

さてさて。
無事に第一番。普門寺の参詣を終えて、少しお腹が空きました。
バス停留所と船着き場の周囲には、いかにも観光客向けのお店が並んでますが、ここは普門寺門前ほど呼び込みはひどくありませんでした。
まぁ、なんとなく一番きれいかなと思ったこのお店に焦点を。

 

f:id:yokohamamiuken:20190222090959p:plain

 

店内はガラガラ。さすが平日w
外見とは似ても似つかぬ、ちょっと仰々しくも落ち着いた雰囲気。

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091010p:plain

 

まぁ、メニューはいろいろあるわけです。
本当ならペンデンイ(ママカリ)の刺身が名物なので、それを食べたいんだけれど・・ 大人数むけメニューなんだよね。
まぁ、ヘムルカルグクス(海鮮うどん)にでもしましょうか^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091021p:plain

 

無料で出てきた、春菊とオキアミのかき揚げ。
あまりの旨さに、ついお代わり!!^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091037p:plain

 

こちらが海鮮うどん。海鮮とは言っても、オキアミとアサリとノリだけ。
あとはエホバク(韓国産ズッキーニ)などの野菜。
地味っちゃあ地味なんだけどね。

でも、この場所で取れた物しか使ってないと言っていたから良しとしよう。
北海道まで行ってノルウェー産のサーモン食べるような真似はしたくないのだ・・・、と自分に言い聞かせる^^;

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091049p:plain

 

しかし、スープを一口飲んでみると、その濃厚さったら!!
オキアミのダシ?? 濃厚な香りとコクが全身を駆け抜ける!! これなら具がなくても十分幸せ!!
その反応を見たかったのか、食べ始めるまで店のおばちゃんがこっちをジ~~~ッとみてます^^;

おいしいでしょう、と聞かれたので褒めまくったら、かなりご満悦の様子でした^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091059p:plain

 

思わずビールまで飲んでしまい、お腹いっぱい。これで、このうどん500円。
うどんとしては決して安くはないけれど、その分クオリティは高かったです^^

お店を出ると海兵隊ジープが停まってました^^
(本当は撮ってはいけない)

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091108p:plain

 

さて、また渡し船に乗り、ウェポリへ戻ってきました。
せっかく来たので、ちょっとぶらぶら。何とも言えない寂れっぷりが、しびれるわ~^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091117p:plain

 

この理容店とかね。やってるんだかやってないんだかって感じですけど。
でも理容店にお馴染みの赤と青と白のグルグルは超高速回転してました^^

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091125p:plain

 

ここが帰りのバス乗り場。
行きに降りたところと一緒です。昼間から焼酎をかっ食らいながらバスを待つじいさん(赤い服)が、道行く人にからんでいて、あまり近寄りたくはなかったです^^;;

 

f:id:yokohamamiuken:20190222091134p:plain

 

ふ~~ やっとバスが到着!!

 


한국33-5

 

相変わらず飛ばすバス。やたら早い上に、よく揺れる。

 


한국33-7

 

このバスに乗って、再び江華バスターミナルへ。
また、往きと同じ3000番のバスに乗ってソウル市内へ戻ったのでした。

次は時間もあったので、第二版の曹渓寺(チョゲサ)へ向かいます。
続きは次ページで・・・^^