みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

千葉から飛んできた巨石 安房口明神の御神体(横須賀市)

京浜急行の馬堀海岸駅と北久里浜駅に挟まれた大規模なニュータウンがあります。 そのうち、吉井というところの山側に立派な鳥居を見つける事が出来ます。 この神社こそが、ここ吉井の総鎮守である「安房口神社」、通称「安房口明神」です。 鳥居の奥の参道は…

中区長者町の「華隆餐館」で麻婆刀削麺など

久々ですね!! ハイ、華隆餐館さんです。 最近、ハマの不夜城・関内地区は、観光客向けの横浜中華街よりもリアルな中華街として日々発展しつつあるところです。 そんな関内地区でもすっかり有名になったのが、容赦ない麻(マー)と辣(ラー)で日本人に挑み…

港南区上大岡西の「北里家」でのり増らーめん

やっとやってきました!! 上大岡のさかえ通り沿いに新しくオープンした「北里家」さんです。 2020年の秋に開店してから半年経ちましたが、ずっと行こう行こうと思っていて、なかなか行けずじまいだったお店です。 なにしろ40代に家系は重くてね!! …

板橋区板橋の「ネワーキッチン」でネワーカジャセット他

JR埼京線板橋駅の西口を出て、3分ほど歩いたところにあるお店。 板橋駅前公園のすぐ脇にある雑居ビルの2階です。 このお店は、そんじょそこらのインネパ店と違って本格的なネパール料理を手ごろな値段で出すというので地域での評判も高いお店です。 店内…

板橋区板橋の「バーンクンメー」でタイ料理&ミャンマー料理

JR埼京線板橋駅の西口を出て、3分ほどあるいたところにあるお店。 以前車で通りかかったときに気になっていたお店で、ようやっとの訪問です。 いちおう、タイ料理とミャンマー料理のお店みたいね。 店頭にはテイクアウト料理も揃っていて、ますます魅力的…

村を潤した大蛇伝説 霧ヶ池のぬし(横浜市緑区)

JR横浜線の十日市場駅の駅前通りを南下していきます。 とちゅう、霧が丘二丁目の交差点を左に折れてしばらく行ったところに、小さな児童公園があります。 これを、「霧が池公園」と呼んでいます。 ちなみに、近くには「霧が丘公園」もありますから、間違え…

時代の流れと人々の流れを見守った 千代之松跡と石碑たち(小田原市)

小田原市の東の端、眼前に相模灘と小田原の街を眺める沼代という所の高台に登ってみました。 このあたりは原付であれば難なく坂を上ることができ、一面に広がる広い空の下に広がる風光明媚な景色はなかなか見ごたえのあるところです。 ここには沼代地蔵堂と…

【日本産】かるかや手打ちうどん(友人からの頂き物)

東京に住む友人から、美味しいものを頂いちゃいました。 「かるかや」さんの「手打ちうどん」。 箱には「手打ちうどん・そば」とありますが、今回はみうけん家が愛してやまない「うどん」を頂いたので、さっそくレポと行きましょうか!! この、ジャージのよ…

平和な油壺に悲哀を伝える ヨット事故の碑と特攻隊基地(三浦市)

三浦道寸義同公と三浦荒次郎義意公率いる三浦一族が北条一族に攻め落とされた悲運の地、油壺を訪れました。 義士塚やなもた坂のあるところから油壺のマリンパークへとまっすぐ進む油壺線という道をそれて南側へ行くと、油壺の半島の付け根の所に油壺公園とい…

養蚕祈願とけんちん汁の思い出 相模大野の蚕守稲荷神社(相模原市)

発展もいちじるしい相模大野駅前、国道16号線に面したビルの隙間に埋もれるようにして鎮座されているのが、相模大野の「谷口山野稲荷神社」で、地元の方々からは「蚕守稲荷神社」(かいこもりいなりじんじゃ)と呼ばれています。 この神社の創建は嘉永7年…

海上安全の守護と供養を願った 高浜台のお阿弥陀さま(平塚市)

平塚市の相模川の河口に近いところ、眼前に海が望めようかという高浜台のあたり、駐車場の片隅にひっそりと石仏が並んでいる一画があります。 その中でもひときわ目立つのが、見上げるような石の台座の上にお座りになっている阿弥陀如来の坐像で、地元では「…

【当店食べログ初口コミ】中区曙町の「イゴヤのキムチ」で韓国弁当など

中区曙町、鎌倉街道沿いに最近オープンした韓国弁当と食材、韓国キムチのお店。 店名は「イゴヤのキムチ」、会社名は「ウェルビーイング ファーム」という会社で、「ウェルビーイング」というのは幸福であったり、充足であったり、満足であったりという、実…

一羽の鴨が浪人を導いた 矢切の峯の伝説(横須賀市)

横須賀の久里浜駅のあたりから山あいの方へと進んでいくと、谷戸の谷底に張り付くようにして民家が並ぶ奥に、ひっそりとあるのが日蓮宗寺院である栄久山 等覚寺です。 このお寺は戦国時代の天正12年(1584年)6月28日、日大上人によって開山されま…

西区南幸の「きそば 鈴一」で天ぷら玉子そば

横浜駅西口、相鉄線の中央改札の前にある、文字通りの立ち食いソバ屋さん。 平日の朝ともなれば出勤途中のサラリーマンが行列をなす、横浜駅前の名物店ともいえるお店ですよね。 以前は足しげく通っていましたが、最近は塩分を気にして1年ぶりの訪問となり…

中区住吉町の「南インド料理店 ボーディセナ」でランチミールス

関内のオフィス街にある南インドのお店。 お店の前にはパーキングメーターがあるので、車でも訪問しやすい場所ですね。」 ちょっと目立たないお店ですが、この界隈ではなかなか人気があって、絶妙で華麗なスパイス遣いに期待の持てるお店です。 今回は「Cラ…

南区井土ヶ谷中町の「ヌル・ザハン」でビーフテハリ&マトンビリヤニ

井土ヶ谷駅前の環状1号線を蒔田方面にいくと、ひっそりと存在するお店。 このお店は単なるインネパ店ではなく、ハラル食材を利用したバングラデシュ料理も出すお店です。 お店の前にはインド国旗とバングラデシュ国旗が飾られていましたから、強いて言うな…

港南区上大岡西の「上大岡 ホルモン酒場 いっしん」でホルモン

鎌倉街道「関の下」交差点から、笹下釜利谷街道に入ってすぐの所にあるホルモン屋さん。 ちぃっと目立たないお店なんだけどさ、地元では結構評判が良いし、いつもお客さんで賑わっているので気になっていたのよね。 以前、お持ち帰りお弁当でお世話になった…

中区山下町 中華街の「謝甜記 貮号店」でお粥ほか

近くに住んでいながら、意外と来ないのが横浜中華街です。 それこそ、自宅からチャリチャリ来れる距離にあるのに、中華街で食事するなんて事は年に1回か2回か、って感じ。 なので、意外とみうけんは中華街には詳しくないのです。 まぁそれでも、とりあえず…

中区末吉町の「J's Store」でイサーンセットなど

このところ、コロナ禍によりなかなか行く機会がありませんでテイクアウトばかりを原付で買いに行っていた、タイタウン末吉町の「J's Store」。 ハマの裏の歴史とともに発展してきた横浜のタイタウンにおいて、特に日本人に忖度しない味を出す店として、クァ…

港南区日野中央の「ハングリータイガー 日野店」でダブルハンバーグステーキ

♫う〜まさだ パワーだ ハングリータイガー♪ ハングリータイガー♪ この歌を知っている人は昭和生まれ、しかもテレビ神奈川をこよなく愛したコアな人です。 そう、「あなたの街のディナーハウス」ハングリータイガー。 ここも、ハマっ子としてはたまには押さえ…

港南区丸山台の「ストラスブール 丸山台店」でモンブラン4号

地下鉄上永谷駅近くにある、地元ではケーキの銘店として名高いのが、こちら。 そう、泣く子も黙る「ストラスブール 丸山台店」です。 ここは、クリスマスや誕生日などで、みうけん家はよく利用しています。 うちからはちょっと遠いのですが、そのクオリティ…

中区山下町の「波止場食堂 山下店」でハムエッグ定食&ポートランチ弁当

ハマの隠れたランドマーク、山下ふ頭の真ん中へんにある波止場食堂。 社団法人横浜港湾福利厚生協会によって運営されている福利厚生施設のひとつです。 波止場食堂は、横浜市内のふ頭のあちらこちらにありますね。 まぁ、いわばミナトで働く人たちのための社…

神奈川区山内 中央卸売市場の「食堂浜膳」で天丼

さってさて、だいぶ佳境に入ってまいりました。 みうけんさんの横浜中央卸売市場・市場めし巡りの時間ですよ。 今回は青果棟内になる、こちら「食堂浜膳」さんです。 ここって、確か往年の有名店「秋葉屋」の隣だったんじゃないかな。 結局、秋葉屋さんはい…

全国的にも珍しい 天狗童子の道祖神(町田市)

町田市成瀬にある「クリーンセンター」のあたりは、随分と昔から開かれてきたような住宅街の装いです。 このあたりは、いわゆる「二本差し」が闊歩していた時代から人々が住んでいたのでしょう。 路傍のあちらこちらに石仏が残されては、今なお道ゆく人々を…

時の流れに埋もれてゆく 扇子畑のやぐら群(横須賀市)

横須賀市西海岸沿い、自衛隊の武山駐屯地から東へ行ったところ、三浦縦貫道路の近くに「扇子畑」(せんすばた)と呼ばれるところがあります。 段々畑がまるで扇子のように広がることから、そのように呼ばれているところです。 かなり古くからの農地であり、…

横浜中華街「2021 春節ランタンオブジェパビリオン」を見てきたよ

実に久々ですが、横浜中華街へ行ってきました。 みうけんの家はみなさんもご存知のとおり、横浜です。 横浜生まれ、横浜育ちのハマッ子なので、生涯横浜から出る気もなく、一時期勤め先の関係で川崎市に、また何かの間違いで町田市に住んだこともありますが…

咳に苦しむ子供を癒した 羽沢のおしゃもじさま(横浜市神奈川区)

第三京浜道路が南北に分断する羽沢の町は、昔から人が住んできた歴史のある所です。 現在ではだいぶ宅地開発もされましたが、その合間には農地が広がるのどかなところで、路傍には今なおいくつかの石仏や庚申塔が残され、地元の里人たちによってお祀りされて…

吉岡の里を見守り続ける 駒井不動と地蔵尊(綾瀬市)

神奈川県の真ん中に近い綾瀬市の吉岡の里を原付で流していました。 晩秋の風は心地よく、皮ジャンパーを着ているので肌寒さもなく、実に心地よい季節です。 目久尻川に沿って走る昔ながらの道路をずっと北上していくと、路傍に一軒の祠が見えてきたので思わ…

日蓮上人を救ったアワビとサザエの伝説 米が浜のお祖師さま(横須賀市)

京浜急行の横須賀中央駅のあたりは、その名の通り軍都ヨコスカの中心で、駅前には賑やかな商店街と見上げるようなビル街が広がっています。 そんな横須賀中央駅の東南がわ、すぐのところに雄大な瓦葺き屋根の伽藍を見せるのが、日蓮宗寺院の猿海山 龍本寺で…

僧と娘の悲恋の物語 池の谷戸の哀話(相模原市)

JR線の町田駅を降り、南口へ出ます。 すぐに境川の流れがあり、川を渡って相模原市に出れば、現在はラブホテル街となっている、かつて「田んぼ」と呼ばれたところに出ます。 この近く、境川べりに武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を祭神にいただく鹿島神…