みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

真金町の「お食事処 一番 真金町店」でワンタンメン

朝早くからやっているので、夜勤明けの朝食とオハヨービールに対応してくださる貴重なお店。

巷ではコロナ禍により24時間営業をやめている店が多いので、関係なく24時間働く身には有り難い存在です。

いつの間にかPayPayも使えるようになって、ますます便利になりました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200501103305j:image

 

今回も大好きな「ワンタンメン」(650円)です。やはりこの店は安いなあ。

ワンタンメン650円なら横浜の街中華では相場なれど、デフォルトで味玉が入っているのには驚きました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200429135607j:image

 

まずはスープですね。

うん、これぞ正統派。

あっさりなんですが、コクがしっかり効いています。塩分も油もドギツくないので、スルスル飲めてしまうスープ。

これはかえってキケンなんじゃない!?


f:id:yokohamamiuken:20200429135611j:image

 

麺はたっぷり!!

中細でわずかにちぢれた麺。茹で加減はシコシコで、これぞ正統なハマの街中華っていった感じです。


f:id:yokohamamiuken:20200429135623j:image

 

味玉はしっかり半熟です。

この絶妙なる茹で加減は難しいんですよねえ。

下味もなかなかよくて、これがデフォルトで付いてくるとは有り難いものですよ。


f:id:yokohamamiuken:20200429135616j:image

 

ワンタンは5枚かな? 6枚かな?

それくらいの量。

とにかくね、皮がピロピロ!!

これぞ皮を楽しむ正統派なワンタンです。ワンタンとは雲を呑むと書きますが、昔の中国人の風雅な心と文化の高さがよく表されたエピソードですよね。


f:id:yokohamamiuken:20200429135619j:image

 

他の具材はシナチク、ナルト、わかめ。

このクオリティで650円なら充分すぎるでしょう。

この日も朝からけっこうな人数のおじ様たちが中華に舌鼓を打っていらっしゃいました。

やはり、ここはハマっ子の憩いの場なんだなぁと思います。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

お食事処 一番 真金町店中華料理 / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅黄金町駅
昼総合点★★★★ 4.0