みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

山下町の「ゼイティン」でトルコランチのお持ち帰り

NHK横浜放送局の裏手にあるトルコ料理屋さん。横浜のトルコ料理屋さんといえば、石川町のジェイハンが行きつけでしたが、こんなところにもあったのね。

これはチェックが甘かったですな。

 

f:id:yokohamamiuken:20200429135758j:image

 

店内はオシャレな構成。

コロナ禍のせいか、お客さんは1組しかいませんでした。良さげなお店なんだけどなあ。

せめて、テイクアウトで応援してこそですよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20200429135744j:image

 

注文はあらかじめメールでしてあったので、わりかし早く受け取れました。

店員さんも丁寧で人当たりが良くて、なかなか気持ちのいいお店ですよ!!


f:id:yokohamamiuken:20200429135818j:image


さっそく、原付でチャリチャリ持ち帰って頂きました。

「ラムシシケバブのお弁当」(1400円)です。

ケバブというのは肉の串焼きという意味で、世界中にある料理ですよね。焼き鳥だって広義のケバブよ!!


f:id:yokohamamiuken:20200429135806j:image

 

コンガリ焼かれたラム。

なんだか色々なスパイスに漬け込まれて、深い深い味わいですよ。

焼き野菜も添えられて、脇にちょこんと乗せられているのはディルの葉。香ばしくてサッパリとします。


f:id:yokohamamiuken:20200429135815j:image

 

噛むごとに口の中にアチッとほとばしる肉汁。

これは、ご飯がススみます。焼いた肉とご飯の組み合わせは、世界共通だと思いますよ。

これが理解できない男は牧草でも食ってなさいっ!と叫びたくなるような肉肉しさです。


f:id:yokohamamiuken:20200429135753j:image

 

続いては、「ムサッカのサラダ付」(900円)。密かにごはんもついてきます。

ムサッカは地中海沿岸によくあるポピュラーな野菜料理。


f:id:yokohamamiuken:20200429135802j:image

 

よく地中海風グラタンなんて表現されたりしています。たっぷりの野菜をペシャメルソースやパイ生地などで層のように包んだ料理、というか。

地方や作り手によって、さまざまなバリエーションがあって一概には言えない料理です。


f:id:yokohamamiuken:20200429135811j:image

 

うまく断面になりませんでしたが、こんな感じだそうです。

細君は喜んで食べてました。一口もらえばよかった!!


f:id:yokohamamiuken:20200429135822j:image

 

このお店は気軽にお持ち帰りできるし、店員さんも優しいし、味もなかなか良いのでまたちょくちょく利用したいと思います。

 

この辺りで働くみなさんも、ぜひ応援して下さいね。無くなったら困るからね!!

また近いうちに再訪して、次回はキョフテを試したいと思います!!

 

御造作!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ゼイティントルコ料理 / 日本大通り駅元町・中華街駅石川町駅
昼総合点★★★★ 4.0