みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

鶏ガラを3時間煮込んでスープを取りカオマンガイと揚げ春巻きを作るの巻

今日は夜勤明けです。朝7時に仕事が終わって、上りの通勤ラッシュを眺めながらガラガラの下り電車で帰ってきて、そのまま肉のハナマサへ。24時間営業はありがたいですな。

鶏ガラや鶏肉を買い込んで、鶏ガラをネギやショウガなどと共にコトコト3時間煮込んでスープを取りました。

途中からは鶏のもも肉も一緒に煮込みます。

 

f:id:yokohamamiuken:20190415220606j:image

 

スープが出来たら、こして冷まします。

丁寧にアクを取り、丁寧にこせば清らかな清湯スープのできあがり!!

つか、最近のPCでチンタンって打てばちゃんと清湯って変換されるのね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20190415220630j:image

 

その合間にお米を用意します。

おや、普通の米とはちょっと違いますね!?


f:id:yokohamamiuken:20190415220647j:image

 

そう、タイ産のジャスミンライスです。

以前こちらで紹介したもの。

 

www.miuken.net


軽くゆすいで、日本の米と同じ分量のスープでタイ米を炊きます。

炊けてるときはなんともイ~イ香りが部屋に充満します。人によっては臭いんでしょうけどね。


f:id:yokohamamiuken:20190415220659j:image

 

残ったスープはペットボトルに10分の7くらいいれて冷凍庫へ。満杯に入れるとペットボトルが炸裂するので気を付けよう。

これでいつでもうまいラーメンが食えるのですよ。


f:id:yokohamamiuken:20190415220624j:image

 

ご飯を炊いている間、揚げ春巻きを作ります。

合いびきに紹興酒、醤油、みりん、おろしにんにく、おろししょうが、粉末ガラスープ、片栗粉をまぜ、水で戻したキクラゲを細かくみじん切りにしたものと、カット野菜のキャベツの千切をよく混ぜてこねます。

その具材を、以前ベトナム食材店で購入したメッシュな春巻きの皮で包みます。


f:id:yokohamamiuken:20190415220614j:image

 

この皮も、こちらで紹介しています。

 

www.miuken.net

 

熱した油でコンガリ揚げます。形よく揚げるのが実に難しいのですが、この皮はサックサク、カッリカリになるのでうちの家族も大好きです。


f:id:yokohamamiuken:20190415220635j:image

 

ごはんが炊けたら鶏肉を切って乗せ、パクチーをたっぷり載せていただきます。

味は薄いので、適量ナンプラーをかけます。えも言われぬ美味しさです。


f:id:yokohamamiuken:20190415220652j:image

 

たまに、このように自宅でエスニックを作りますが、やはりお店のように完璧にはできません。

たまに、「なんだいこれは、オレの方がうまく作るぞ」なんて料理を出す店もありますが、大体の店はプロの味です。

早く、みうけんも少しでもプロの味にあやかれるように日々精進していきたいと思います。