みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

北区滝野川の「華興」で中華いろいろ

東京に住む友人宅へお邪魔した時に、前回出前をとったお店が近くにあるというので訪問してみることにしました。

大人数で行ったので、今回もいろんな種類が食べられそうで楽しみですね!!

 

街中華というから、年配のご夫婦が切り盛りしているようなこぢんまりした店かと思ったら、意外と大きくて立派なお店でびっくりしました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235028j:image


一階はテーブル席とカウンターメインですが、2階席にはお座敷が充実しています。

今回はお座敷をお借りして、いろいろと注文です。

メニューには正式名称と価格が載っているんですが、今回はいろいろと注文して頂いたので、みうけんはメニューは見ていないんですね。

なので、正式なメニュー名と価格は不明ということでフィーリングで書いていきます。

 

まずは、レバニラ炒め単品。

いきなり、街中華でも大好きなメニュー登場でテンション上がりまくりだぜ!!

もうバッテリーはビンビンです。

 

もやしがジャキジャキとした絶妙な炒め加減で、味も濃すぎず薄すぎず。

レバーには丁寧に片栗粉がまぶされ、旨味とコクがギュッと閉じ込められています。

ここにニラの爽やかな食感と香りが加わって、やはりレバニラは最高なり!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235053j:image

 

揚げ春巻きですね。

この春巻きが大きくて具沢山。エビや挽肉を中心にいろいろな具材が仕込まれていますが、皮はザクザクと食感が良く、中からはアツアツの具が飛び出して、この春巻きを考案した人は天才だなぁと思います。

揚げ春巻きって、大好きなんですが意外と食べる機会がないんですよね。

なので、こういう時にガッツリと頂けるのが実に嬉しいですね^^

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235056j:image

 

チャーハンはスープ付き。

チャーハンやラーメンのようなシンプルでどこにでもある料理、しかして中華屋であれば無くてはならない料理というのは、自然とそのお店の性格やウデを表す料理だと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235100j:image

 

チャーハンの好みも人それぞれで、みうけんはあまりパラパラでないほうが好きなのですが、このお店のチャーハンはそういった好みを抜きにしたとしても、思わずうなってしまうような技術の結晶。

やはりこの店はチャーハンは外せないね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235025j:image

 

焼きそばはこってり甘くて、イカにもタダシイ中華風焼きそばの味。

ソース焼きそば?? へん、ちゃんちゃらおかしいぜ!!

やはり中華屋さんの焼きそばは、中華醤油で炒めてこそ。この独特の風味と甘味とゴッテリとしたコクがね、本当に箸が止まりません。

野菜もたくさん入っていて良いね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235109j:image

 

もやしそばは、あんかけのもやしがたくさん乗ったラーメンです。

このジャキジャキしたもやしの炒め加減は秀逸だと思うのよね。みうけんも好きで一時期よく作ったメニューです。

もやしと醤油ラーメンなので、胃にも優しいメニュー。

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235049j:image

 

ラーメンも、ここまでシンプルなラーメンはなかなかありませんよね。

これぞ、ザ・ラーメン。

近頃流行りの、とんこつ細麺やマシマシ太麺、ピロピロ刀削麺などももちろん美味しいんですよ。

 

しかし、やはり日本人が愛したラーメンの原点は、まさにここにあるなぁと思うのです。

アッサリとした鶏ガラの醤油スープに、中細の麺、チャーシュー、しなちく、なるとといった定番のラーメン。

40を過ぎると、途端にこういうラーメンが恋しくなるから不思議です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235032j:image

 

トリソバだったと思います。

一見して野菜ソバじゃねぇか!! とツッコミたくなるようなビジュアルですが、あなどってはいけませんぞ。

この下には、プリップリの鶏肉がたくさん仕込まれているから!!

スープもあっさりとした塩味で、これは暑い夏でもさっぱりと頂けていいなぁ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235046j:image

 

漢(おとこ)ですから。揚げ肉とゴハンが食べたい時もあります。

そんな時にはパイコー飯。正式名称はもっと長かったかな。

このお店のパイコーはきちんと骨付き肉、味付けもカレー粉でごまかしているようなことはありません。微妙にカレー粉の味もしますけどね。

それだけではないのよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235035j:image

 

ザクザクした衣と、しっかりと醤油やスパイスで味付けした肉。

白いご飯と青菜もたっぷり。

なかなかイケるじゃないの!!

横浜の、メニューも読めない日本語も通じない中華屋で食べたパイコーに近いなという印象です。

この味付けはなんだろう??

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235042j:image

 

かなり気になった壺餃子。

小籠包とは違うんですよ。小籠包は別にメニューにありましたから。

なんでも、頂上に穴を開けて、皿にたまったスープを流し込んで、好みによって具入り辣油を乗せて頂くのだそうで。この食べ方は初めてですね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235038j:image


いや、これは・・・

うまいじゃないの!!!!!

モチモチな皮に包まれたアンにも充分にスープが含まれているんだけどさ、さらにスープを追加しちゃうんだからね。どんだけスープ好きなのかと!!

このスープにも、中のアンにも、しっかりと極上の味わいが感じられます。

みうけんは所詮は素人なので、ダシがどーの食材がどーのと言い当てることは出来ないのですが、とにかく美味。

この一言に尽きます。

 

f:id:yokohamamiuken:20200913235105j:image


やはり、このお店は地域でも人気の実力店だけあって、どの料理もクオリティが高く食べる価値のある逸品ばかり。

お腹一杯になってお会計〜と一階に降りた時も、席は結構な確率で埋まっており、このお店の人気ぶりがうかがえるというものです。

 

個人的に東京で食事をする事はあまりないのですが、このお店は自信をもってオススメできるお店だと思います!!

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

華興中華料理 / 西巣鴨駅新庚申塚駅庚申塚駅
夜総合点★★★★ 4.0