みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

【タイ産】金泰蓮 タイジャスミンライス【肉のハナマサ】

お米にはいろんな種類があります。

日本のお米やタイのお米、インドのお米…

やはり、世界の料理を食べるにはその国のお米、その国のお酒がいちばん合うと思うみうけんです。

みうけん一家は家族そろってエスニックが好きなので、家でエスニックな料理を作る事もしばしばあります。せっかく素材やスパイスにこだわってエスニックなカレーを作っても、ライスが「こしひかり」では納得がいかない。

そこで、バスマティ米はすでに購入してありますが、肉のハナマサで気になっていたジャスミンライスも購入しました。

 

f:id:yokohamamiuken:20190212213137j:image

 

5kgいりで1780円だったかな。たまに値段が上下しているようです。

炊き方も基本的に日本のお米と変わらないようなので、気楽でいいですね!!


f:id:yokohamamiuken:20190212213133j:image

 

見た感じ、日本のお米よりも粒が長いです。

お米の表面もツヤツヤしており光沢があって、まるで宝石のようですね!!


f:id:yokohamamiuken:20190212213123j:image

 

5kgであれば虫や湿気がつかないように米櫃などに入れたいのですが、米櫃にはすでに日本米が入っている・・・ しかして、もう1個の米櫃を買っておくほど広い台所ではない・・・ と言う事で、みうけんさんお得意の簡易米櫃ですw


f:id:yokohamamiuken:20190212213129j:image

 

もちろん全部は入らないので、入り切らない分はもとの袋に入れ、養生テープでがっちりと密封しておきました。これで変なものが入らないし、使いたい時はすぐに使えるので便利。

みうけんさんちは、玄米もこのようなストック方法で保管しています。

 

では、さっそく炊いてみました。ふつうに炊飯器で日本米と同じように炊きます。

部屋中にジャスミンライスの良い香りが充満して、2階にも届くほどです。

このライスに、やはりハナマサで購入したマッサマンカレーをかけてみました。


f:id:yokohamamiuken:20190212213115j:image

 

やはり、タイの料理にはタイのお米が合います。

とても美味しくて、バクバクいけちゃいました。


f:id:yokohamamiuken:20190212213119j:image

 

一時期、コメ不足のさいに日本に輸入されたものの日本人の口に合わなくて、相当量廃棄されてしまったというタイ米

当時のタイ米がどんなものだったか、食べたことはあるはずですが記憶にはないのです。

しかし、このハナマサで買ったジャスミンライスは文句なしに美味しくて、タイ料理が好きで自宅でも食べるっていう方には絶対オススメします!!