みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

南区睦町の「龍宝」でワンタンメン

中村橋のほとり、睦町一丁目の交差点を入ったところにひっそりとある街中華のお店。

昔は市電の電停もすぐ近くにあったことから、そこそこ栄えた街ではないかなと思いますし、その名残というか残り香は平成から令和に変わった今でも感じることができます。

このお店も相当古くて、存在自体は知っていたのですが愛読しているグルメブロガーさん「恰幅の良い彼」のブログで高評価だったので、ちょっと試しに寄ってみた次第です。 

f:id:yokohamamiuken:20200718213217j:image

 

店内はカウンターのみの清く正しく美しい街中華のようす。

まぁお一人様かせいぜいお二人様までかな。家族連れてガヤガヤくる雰囲気とか中華をつまみながら酒飲んでガハハハする雰囲気ではなく、さくっと食べてさくっと出るスタイルです。

厨房では鉢巻がイカしたお父さんと、ずいぶん腰が低い息子さんで切り盛りされてます。

先達さんが注文されたかた焼きそばが、やたらうまそうだなぁ。

 

しかし、今回はぶれずに「ワンタンメン」(650円)を注文。

5分程度で着丼です。

f:id:yokohamamiuken:20200718213226j:image

 

見るからに典型的な、茶色い醤油スープに細麺の中華そばといった感じで頼もしいなぁ。

ギトギトやマシマシなラーメンもいいけれど、こういうのも好きなのです。

 

まずはスープを一口。

優し〜いガラのコクと、しっかりした旨味。そこにキリッと醤油が効いた、懐かしい美味しさを存分に楽しめるスープです。

f:id:yokohamamiuken:20200718213223j:image

 

麺は、平ざるでチャッチャと湯切りされた麺。熟練の技です。

細いストレートな麺はシコシコな茹で加減で、スープとの相性もバッチリなのです。

こういう麺が好きなんだよねぇ。

f:id:yokohamamiuken:20200718213230j:image

 

ワンタンは5枚だったかな。

小さな具を包んだピロプルな皮が大きめで、これが「5個」ではなく「5枚」と数えさせるゆえんです。

ワンタンは皮が命ですから、こういうふうに皮がツルんと美味しいワンタンを食べるとホッとしますね。

f:id:yokohamamiuken:20200718213220j:image

 

具材もしっかりです。 

たっぷりのわかめ、味付けが良いシナチク、ナルト。

チャーシューは大きなロース肉のチャーシューで、しっかりとした大きさです。

肉の食感がムチムチな、食感を楽しめるチャーシューで、これだけ入って650円でいいの?? と心配になってしまいます。

そして、しっかり入った青ネギが口をサッパリさせてくれるのです。

 

このお店は、全てが年季の入った間違いない店ですね。

マスターと息子さんの接客も丁寧だし、常連さんが多いのもうなずけるくらいに通ってみたくなるお店です。

次回はかた焼きそばを食べてみたいと思います!!

 

御造作!!

 

 ↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

龍宝中華料理 / 吉野町駅阪東橋駅南太田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5