みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

最戸の「まる藤」で肉うどん

上大岡から鎌倉街道を5分くらい北上します。

ファミレスが並んでいる一角があり、その対面にひっそりとあるお店。

前から気にはなっていたんですよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200216183748j:image

 

立地も微妙だし、そば文化根付いた関東で、あえてうどんで勝負というのが潔いですね。

さりとて、周辺の個人店が次第にシャッターを下ろしていく中で、まだまだ元気に頑張っているお店です。

 

店内は、カウンターがメイン。テーブルも1つあるようです。

メニューを見ると、なかなか飲みメニューが充実しているんですよ。

夜はここで軽く飲んで、うどんで〆るという方程式がしっくり来るのだろうなと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20200216183737j:image
f:id:yokohamamiuken:20200216183744j:image

 

うどんの真価を見極めるならざるうどんかな。しかし温かいのが食べたいな。

ならば、とこのお店がウリにしている「肉うどん」(650円)に決めました。

 

かつおベースの特製うどん出し汁に、自家製豚チャーシュー肉をのせたうどんとの事。

しっかし出てくるのが早い!!

まるで駅そばレベルの早さです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200216183741j:image

 

つゆは、かつおだしがしっかり効いた関東式。

真っ黒くて、なかなかうまいつゆ。

ダシの取り方が秀逸で、ついつい飲めてしまう高血圧殺しのツユですな!!

しっかし、温まる。

やはり冬は温まりたいからね。

 

うどんは、ヤワヤワ。

市販のものかな? 自家製かな? イマイチ判断つかないんです。自家製でもヤワいうどんを出す店はありますからね。

 

ただ、チャーシューについては自家製をアピールし、つゆに関してはかつおベースの特製をアピールしているこのお店で、うどんの麺に関してはコダワリに対する言及が何もないことから、きっと自家製ではないのかなぁと邪推してしまいます。

量はしっかり、男性にも立派に一食まかなえます。


f:id:yokohamamiuken:20200216183752j:image

 

チャーシューはトロトロ。

ロースとバラのチャーシューで、よく煮込まれてます。

下味もしっかりしていて、愛情込められて作られているのがよくわかります。


f:id:yokohamamiuken:20200216183733j:image

 

他はネギ、のり。

番外編ですが、強烈にユズが香る七味が、またうまいのです。

このお店は、この立地にしてなかなか頑張っていると思いますよ。

味も決して悪くはないので、次はざるうどんを食べに来ようかなと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

まる藤うどん / 上大岡駅弘明寺駅(横浜市営)弘明寺駅(京急)
夜総合点★★★☆☆ 3.0