みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

野毛町の「Kikuya Curry」でローストチキンカリー・スリランカ風

日ノ出町駅前の通り、分岐に入って戸部方面へ向かう道。

野毛山不動尊に入っていく脇道の入り口の所にあるカレー屋さんで、いつも行列をなしていたからたいそう気になっていたお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20191221002633j:image

 

気にはなっていたが、いつも大行列なのでなかなか足が向かなかったお店です。

なので今回は開店と同時に訪問・・・のつもりが、開店10分後に訪問となりました。

 

店内は4人がけテーブルが4卓といったこぢんまりした体制ですが、すでに女性客たちで満員状態。華やかなマダムの席にドスンと相席させていただいて何とか座れましたが、いささか居心地悪い事には変わりはないです。

どうも、このお店は女性に人気があるようですね。

 

今回は食べログでメニューを事前に予習していて、もうメニューは決まってました。「ローストチキンカリー・スリランカ風」(1050円)をオーダーです。

ごはんは無料で大・中・小と選べますが、中にしておきました。

 

まずはサラダ。

キャベツの千切りで、酸味のあるドレッシングがかかっております。これだけだと酸味が強いですが、オススメされた通り、ここに粗挽き黒胡椒をかけると香りも良くなって実に合いますね!!

下の方にポテサラが仕込まれているのも面白いですね^^


f:id:yokohamamiuken:20191221002615j:image

 

そして供された「ローストチキンカリー・スリランカ風」(1050円)。

うん、グラタン皿になみなみと注がれたのは香りがさわやかなスープカレーです。


f:id:yokohamamiuken:20191221002619j:image

 

カレーは結構なシャバシャバ感で、完全にスープです。

チキンはゴロゴロで柔らかく食感も良いのですが、どこ産の鶏肉でしょうね?

この食感は、あの食べなれた鶏さんかなと思います。

 


f:id:yokohamamiuken:20191221002629j:image

 

具材は鶏肉のほかに、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、卵、いんげん、キャベツ。こそっと麩が入っているのも面白い。この麩が、より一層のスープ感・汁物感を醸し出しているのでしょう。


f:id:yokohamamiuken:20191221002626j:image

 

ど~~もカレーとしてのパンチは薄いように思えてしまいます。

こればかりはみうけんがモッタリカレーが好きで、「カレーは飲み物」という意見に賛同しがたいが故でもありましょうが。

しかし、女性には人気が高いようですね。

 

ごはんはカレーによく合う、若干固めな炊き加減。

量は個人的には中で充分でした。


f:id:yokohamamiuken:20191221002623j:image

 

カレーの中でも、欧風であればガッツリモッタリなルーが好き。

現地風であればスパイスを巧みに使いこなした爽やかな香りと辛さが好き。

 

そんなみうけんにとって、やはりスープカレーというのは何かが、物足りず中途半端な立ち位置だと思うのです。

 

カレー自体はとても美味しいです。

それは、店を出るときに長蛇の列をなしていた人気店であることからも、ここのカレーはかなりの人から支持を受けていることが分かります。

 

しかし個人的な好みでいえば、わざわざ野毛まで来て並んでスープカレーを食べるかと言われると微妙だし、今後わざわざ再訪するほどでもないかな~とは思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

Kikuya Curryカレーライス / 日ノ出町駅桜木町駅馬車道駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0