みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区長者町の「華隆餐館」で焼き刀削麺、麻婆豆腐刀削麺など

もはや完全に行きつけとなった鎌倉街道沿いの銘店、華隆餐館です。

細君が一度行ってみたいというので、平日よるに家族で訪問してみました。

この日は平日の夕飯ドキというのにガラガラで貸し切り状態でした。すいてていいんだけどね!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201006220842j:image

 

今日も気さくな姐と社長と、最近厨房で見かけるようになった帽子がキマった寡黙なコックさんがお迎えです。

まずは子供向けメニューという事で「五目焼刀削麺」(900円)をチョイス。

これは全然辛くないし、野菜もしっかり入っているので子供にもオススメ!!

かなりオイリーだけどな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201006220854j:image

 

みうけんは、やはり麻辣は外せないので「麻婆豆腐刀削麺」(汁あり:900円)です。

今回は細君が食べることを考えて辛さはあえてマサずに、デフォルトの辛さで行きました。

それでもしっかりした麻辣に、豆豉の甘さとコクがしっかりと加わって深い味わいになっています。

辛いだけではない深みのある味わいが、ここ華隆餐館の醍醐味だと思いますよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20201006220850j:image

 

麺はしっかりとした刀削麺

機械削りではあるけれど、まぁ普通に美味しいです。

以前、麻婆豆腐刀削麺は汁ありが良いか・汁なしが良いかで問題となったことがありますが、みうけんとしてはやはり汁ありが好みですねぇ。

 

f:id:yokohamamiuken:20201006220839j:image

 

パクチー」(200円)を追加するのも忘れちゃいけませんね。

このパクチーというものは華隆餐館の料理に最高にベストマッチするのです。

もう一皿頼んでもよかったな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20201006220835j:image

 

細君用には「高菜牛肉麺」(900円)です。

たっぷりの高菜、そしてトロトロの牛肉!! これもまた、贅沢な逸品ですよね。

高菜ってなんでこんなに美味しいのだろうか!? しかも、動物の骨をこれでもかと煮込んだスープには相性が良くて、九州のラーメンにも欠かせない存在ですからね。

高菜の旨味と動物のコクが溶け込んだスープが美味しくて、ついついレンゲが進みます。

これは絶対に身体に良くない!!

牛肉もトロトロに煮込まれていて、箸で持つとホロホロと崩れるほど。

一つ一つに妥協を許さない仕事ぶりは、やはり華隆餐館の人気の秘訣なのでしょう。

 

f:id:yokohamamiuken:20201006220846j:image

 

横浜には他にも行きたい中華屋さんがたくさんあるし、年に1回行くかどうかの中華街も再び歩いてみようというさなかに復活した華隆餐館。

おかげで、華隆餐館ばかりに通ってしまって他の店には全然行けていませんが、これからもここ長者町において、ドMな横浜市民たちに美味しい刀削麺を提供して欲しいなと思います。

 

細君も大絶賛でした。

また再訪させていただきます!!

 

御造作!!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

華隆餐館四川料理 / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅
夜総合点★★★★ 4.0