みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区曙町の「らーめん家 せんだい 曙町店」でのりらーめん

久々にやってきました、鎌倉街道沿いの家系ラーメン店です。

ここは、横浜で有名な人気グルメブロガーである、恰幅の良いあの方がお気に入りのお店。

 

店内では、寸胴で豚骨をガッコンガッコン煮ていて、実に良い香り!!

セントラルキッチンでも美味しい店はありますけどね、正直言って、ここの出汁は美味しいなと思いますよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210705100419j:image

 

店内はカウンターのみ。

入店してすぐ、左手に食券機があるので食券を買って店員さんに渡します。

この時に醤油・味噌・辛味噌・塩の選択といった「家系三大好み」を伝えます。

 

今回頂くのは「のりらーめん」(780円)の醤油味。

好みは全て「普通」で注文です。
 

f:id:yokohamamiuken:20210705093805j:image 


まずはスープから。
うーむ、油がビッシリと浮いてるな。これはパワーがつくスープだよ。
醤油の塩気は直系店よかはいくらかマイルドです。

醤油よりも豚骨のコクと、脂の甘味が際立ったスープですねぇ。

 

これは疲れた身体に嬉しく、個人的に食べやすいスープです。

ただ、好みによってはもう少し塩気が欲しいと思う方もいると思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20210705093820j:image 

麺は極太。

茹で加減はモッチモチで食べ応えがありますねぇ。

麺には適度なウェーブがかかり、コッテリしたスープとの相性も最高よ。

量もガッツリと入って、これだけでもお腹いっぱい!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210705093813j:image 

 
具材は、まずはのりが8枚。

スープに浸しても崩れない、実にしっかりしたのりです。

こののりをスープに浸し、ごはんを巻いて食べるのが最高なんですが、最近は年齢のせいかごはんまで食べると後悔するので、麺を巻いて食べています。

  

f:id:yokohamamiuken:20210705093816j:image


ほうれん草は、クタクタなほうれん草。

しっかりした量が入っていて満足度も高いです。

 

チャーシューは、赤みがメインで肉の食感を適度に残したもの。

最近は箸で持つと崩れるほどホロホロなチャーシューもありますが、個人的にはこのように肉の食感をミッシリと残したものが好みですねぇ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210705093823j:image


噛めば噛むほどに伝わってくる、ギュムギュムとした食感よ。

これこそが、あぁ、今肉を食らってるんだなぁって実感を湧き起こしてくれますね。

 

このラーメン屋さんは、行く度に美味しさを増していると思います。

選択肢も多い横浜にあっては、そんなにしょっちゅう行くわけでもないのですが、行くたび行くたびに印象に残る一っぱいをいただく事ができるお店です。

  

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

らーめん家 せんだい 曙町店ラーメン / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5