みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

下倉田町の「六角家 戸塚店」でラーメン+のり

むかしむかし、神奈川区六角橋商店街にあった家系ラーメンの有名店。

支店を戸塚に出したと思ったら、六角橋の本店がなくなってしまい支店だけ残ってしまいました。

 

f:id:yokohamamiuken:20191102211305j:image

 

店内はカウンターがたくさん、4人がけテーブル×3、6〜8人がけテーブル×1といった構成。

家族連れやグループで使いやすいのは良いですよね。

カウンターの上には、しっかりと調味料が用意されています。


f:id:yokohamamiuken:20191101170931j:image

 

店内に充満する豚骨を煮る臭いが、六角橋の時もそうだったなぁと懐かしい気持ちです。

六角橋の時代は行列でしたが、今日はスンナリ入れました。

 

食券機で「ラーメン」(700円)、「のり」(100円)を購入。

火・金は玉子かほうれん草サービスとの事で、ほうれん草を頂きました。


f:id:yokohamamiuken:20191101170947j:image

 

待つ事8分くらいで着丼です。

いかにも元祖家系といったビジュアルに期待も高まるというもの。


f:id:yokohamamiuken:20191101170928j:image

 

まずはスープ。

うーん、しっかりと浮いた油が疲れた身体に染み渡ります。

ガツンと聞いた醤油の塩気に、後からついてくる豚骨の旨み。なかなか美味しいスープです。


f:id:yokohamamiuken:20191101170942j:image

 

麺は、箱には酒井製麺のプリントあり。

茹で加減は適度にコシがあり、スープとの相性もなかなか。

平ザルで手際よく湯切りされた麺は、スープをよく持ち上げて美味しいですね。


f:id:yokohamamiuken:20191101170935j:image

 

具材は、まずはのりが10枚。

しっかりしたのりでスープを浸して麺を巻くと美味しい。

チャーシューは肉の食感をしっかり残し、下味もしっかりついた美味しいチャーシュー。

ほうれん草もクタクタで好みです。

 

このお店は歴史を感じるというか、インターネットが無くて雑誌で情報を得るしかなかった時代を思い出すラーメンです。

また立ち寄る機会があったら立ち寄ってみたいですね。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

六角家 戸塚店ラーメン / 戸塚駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1