みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区錦町 マリンハイツの「ラーメン大将 錦町店 」でラーメン&のり増し

錦町マリンハイツにあるラーメン屋さんで、本店は本牧にあり、ここ錦町店は周辺の需要の関係からか朝早くから営業しています。

家系ラーメンを意識したと思われるラーメンを出すお店で、2012年に一度来たのですが、その時はあまり良い印象はありませんでした。

 

まぁ、錦町にはほかにも美味しい店があって、そのうちどこに行くかはだいたい決まっているのですが、前回の訪問から10年近く経ったのだしもう一度再訪してみようと思い立って、再度お店の戸を叩いたのでした。

 

f:id:yokohamamiuken:20200826075001j:image

 

さて、店内はカウンターとテーブルで席数はずいぶんとあります。

注文は食券制ですが、外から入った場合は食券機が見えません。奥の廊下側の入り口の脇にあり、初めて来たときはずいぶんと戸惑った事を思い出します。

 

今回は、その記憶があったので難なく食券を購入してカウンターに置き、お願いしまース!!と声をかけると、店員さんは何かを言うでもなく食券を持っていかれました。

しかし、卓上の調味料が豊富ですね。これなら味変好きさんも納得です。


f:id:yokohamamiuken:20200826074942j:image

 

今回の注文は「ラーメン」(650円)に「のり増し」(100円)をトッピングですね^^

いつも食べている組み合わせなので、これがいちばんホッとします。

先にも書いたように、特に好みを聞かれるような事もなかったですし全て「ふつう」での仕上がりかと思われます。

着丼の際も、特に何も言われることなく無言でトンの着丼です。

これはコロナ禍の中においては賢明な判断なのかもしれませんね。


f:id:yokohamamiuken:20200826074958j:image

 

まずはお決まり、スープから。

見た目はこってりですが、家系と言うにはコク・醤油とも弱いスープです。

豚骨のコク、醤油の塩気はさほど強いとは思いませんが、油はしっかり浮いてるので味よりも油っこさが前面に出てきます。

なので、だんだんと食べ進めるのが辛くなってくるスープですね。


f:id:yokohamamiuken:20200826074953j:image

 

麺は、これも通常の家系とは一味違うようで、一段細いような気がします。

茹で加減はシコシコで悪くありませんし、量もなかなかしっかり入っていますが、なんにせよスープが好みではないので「う~~ん」といった感じがします。


f:id:yokohamamiuken:20200826074950j:image

 

海苔は7枚。この海苔はスープに浸して麺を巻いて食べると良い海苔ですねぇ。

量も7枚あれば充実感はあります。

ほうれん草はクタクタなもので、特に特筆すべきものはなし。

チャーシューは分厚く、肉の食感も下味もしっかりしていて良いと思います。


f:id:yokohamamiuken:20200826074946j:image

 

やはり、個人的には好みではなかったようで、最後まで食べ切ることが出来ませんでした。

好みというか、味が薄いのに油だけが前面に出てきているようで・・・

しかし、朝から営業されているというのはこの近辺で働く人たちにとっては有難い事でしょうし、そのせいか人もそこそこ入っているのでこの近辺では多くの人たちから愛されているのでしょう。

個人的に、再訪はちょっと難しいですが、このラーメンを愛して通う人も多いのだろうなぁと思ったひと時でした。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ラーメン大将 錦町店ラーメン / 山手駅元町・中華街駅
昼総合点☆☆☆☆ 1.5