みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区長者町の「華隆餐館」で四川炒飯と麻婆豆腐刀削麺のお持ち帰り

もはや、多くを語る必要もないでしょう。

ハマの不夜城長者町」で、容赦ない四川のマーラーと油でスキモノたちをヒィヒィ泣かしてくれる華隆餐館です。

四川料理と言えば、この華隆餐館か近くの一祠八堂がお気に入りです。

 

f:id:yokohamamiuken:20201030131732j:image

 

今回のお持ち帰りは、泣く子も黙る「四川炒飯」(850円)。

前回はアルミホイルにくるんでペラペラなパックに入っていましたが、今回はちょっと立派なパックに入るようになりました。

ただし容器代かかるけどな!!

相変わらずピリリと全身を引き締めてくれるスパイシーさと味の良さは現役です。

そうそう、この店は開胃炒飯も美味しいのよね。次回はそれも食べなきゃ!!


f:id:yokohamamiuken:20201030131725j:image

 

そして、 キターーーーー(゚∀゚)ーーーーーーーー!!!!! な、このビジュアル。

そう、「麻婆豆腐刀削麺」(汁なし:900円)です。

もうね、たっぷりだね!!

汁ありも持ち帰れるような雰囲気だったけど、どういう状態で出されるのだろう?

次回やってみよう!!


f:id:yokohamamiuken:20201030131728j:image

 

ラップを脱がせてみると、あら真っ赤!!

このラップをいじった手で目なんてこすろうもんなら確実に大惨事になるから注意してくれよな!!

まっ茶色になるまでに煮込まれた豆腐。ほのかに甘い豆鼓。あらみじんで食感の素晴らしいひき肉。そして、これでもかという大量な油と麻辣のオンパレードです。


f:id:yokohamamiuken:20201030131722j:image

 

刀削麺がね、もうくっついちゃって。

まるでダンゴだな!! それでも少しずつはがしはがし、ちぎるようにして別皿に盛って食べていくと、少し伸びてはいるけれど「こんなうまいものが他にあるか!!」と叫んでみたくなるような味わいです。


f:id:yokohamamiuken:20201030131718j:image

 

いやあ、華隆餐館が営業を再開してからというもの、確実に太ったような気がします。

それでも何度でも訪問してしまうのが、この華隆餐館。

みうけんの周囲には辛いものが得意な人がそこそこいるので、今度お誘いあわせの上で「華隆餐館の全メニューを制覇する会」でも結成してみようかとすら思います。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

華隆餐館四川料理 / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅
テイクアウト総合点★★★★ 4.8