みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区新山下の「一番」でワンタンメン

本牧の近くにあるお店です。

みうけんさんと愉快な仲間たちが行きつけの、魔窟マリンハイツのボスキャラ「百鶴楼」に行く途中、いつも前を通りかかるので気になっていたお店。

この日、なんとなくお昼時に通りかかったら開いていたので、ちょっと立ち寄ってみることにしました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200902125855j:image


店内はカウンターメインで、4人がけテーブル×2というシンプルな構成です。

白頭のシブいマスター1人で切り盛りしてるなと思ったら、後から後から常連さん達が入り込んでくるのを見計らったように、奥様も登場して接客を始めました。

 

今回は、いつも安定の「ワンタンメン」(550円)です。

安くて良いなあ! 都内だったら軽く800円とかするのにね。

だから横浜って好きさ!! 

 

f:id:yokohamamiuken:20200902125903j:image


やはり、まずはスープから。

醤油がキリッと効いていながら、しっかりとコクのあるスープです。これは鶏ガラと海藻の出汁かな。なんとなく磯の香りがするような気がします。

間違っていたらすみません。

しかし、こういうのが食べたかったんです、こういうのが!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200902125907j:image

 

麺は細めのストレート麺。

シコシコな茹で加減で、思いのほか量がしっかり入っていますね。

このスープとの相性も抜群です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200902125851j:image


ワンタンは5つ。

具材は小さいながらも、しっかりした噛みごたえ。これを噛みごたえがあると言うのか、それとも硬いと言うのかは人それぞれですが、みうけんとしては嫌いではないですねぇ。

皮はツルツルしていて、皮を楽しむ事ができるワンタンらしいワンタンです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200902125859j:image


他の具材はしなちく、わかめ。

そして、チャーシューは赤身メインのお肉で、しっかりと厚みがあり噛むごとに肉の旨味がジュワジュワ出てきます。

このお店は味も量もなかなかのもので、これならばコスパも相当よいと思います。

隣の常連さんが食べていたニラレバ定食も美味しそうだったなぁ。

常連さんがたくさんつく理由が良く分かる、そんな隠れた実力店なのでした。

 

御造作!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

一番中華料理 / 元町・中華街駅石川町駅山手駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3