みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区長者町の「横濱家系ラーメン 勝鬨家」でラーメン&のり

長者町にある家系ラーメンの有名店。

この界隈では人気店で、お昼時ともなれば数多くの野郎どもで埋め尽くされるお店です。

立地的にはちょっと微妙だし、伊勢佐木モールには雨後のタケノコのように家系ラーメンやら中華ラーメン屋やらニョキニョキ出来ている中、そんな新参者には負けずにガッツリと男たちの胃袋をつかんでいる名店ですよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200901084316j:image

 

前回の訪問は2017年ですから、実に3年ぶりの再訪です。

その時と同じ「並ラーメン」(700円)に、「極上のり」(100円)を選択。好みはもちろん、全部「ふつう」です。

並ラーメンは20円ほど値上げしたらしいのね。

待つこと5分、チャッチャと湯切りされて手際よく着丼です。


f:id:yokohamamiuken:20200901084319j:image

 

まずはスープ。

やはり、ここのスープは旨いなぁ。
動物のガラをこれでもかと煮出した旨味がものすごくて、その旨味を醤油がキリッと引き締める。家系ラーメンは豚骨醤油ではなく醤油豚骨だといいますが、まさにその通りです。

ここのラーメンは好みを「普通」にしても味が濃いし油もガッツリ浮いているから、健康診断の数値がアレコレ問題となっている君たちは要注意だ!!

そういうみうけんも、普段は最初の一口しか飲まないスープを2口、3口と飲んでしまい、満足度に比例して血圧が昇っていくようです!


f:id:yokohamamiuken:20200901084312j:image

 

やはり、このスープにはこの麺と言わしめる、極上の麺。

家系にはよくある、太麺で楕円形の断面をもったモチモチな麺。このスープには相性がとてもよくて、やはりこの麺でなければ家系を名乗ってはいけないとすら思います。

量はたっぷりで、湯切りも丁寧になされており、本当に麺にこだわってらっしゃるなぁと尊敬しきり。

マスター、本当に素晴らしいお仕事です!!!


f:id:yokohamamiuken:20200901084305j:image

 

具材も手抜きなしですよ。

ほんのりスモーキーなチャーシューは赤身メインですが、噛めば噛むほどに肉の旨味があふれ出すプリプリのチャーシューです。

前回は「ミッシリガチムチなチャーシュー」と表現しましたが、今回もまさにそのまま。家系はチャーシューも美味しいですよね。 


f:id:yokohamamiuken:20200901084309j:image

 

ほうれん草はクタクタで、量もしっかり入っています。

このほうれん草もスープをよく吸って実にうまいの!!

 

海苔は、写真の通りのたっぷり海苔。全部で8枚だったかな。

この海苔はしっかりした海苔で、この海苔をスープに浸して麺を巻いて食べるのがお気に入りです。

昔だったらライスを巻いていたのですが、やはり寄る年波には抗えないもの。

 

やはり、この勝鬨家さんはスープも最高、麺も最高、具材も最高。

ラーメンの好みは人それぞれですが、やはりみうけんはここのラーメンは家系の中でも美味しい部類に入ると思います。

また機会があれば再訪したいと思います!!

 

御造作!! 

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

横濱家系ラーメン 勝鬨家ラーメン / 伊勢佐木長者町駅関内駅石川町駅
夜総合点★★★★ 4.0