みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

港南区丸山台の「竜門」でワンタンメン

上永谷駅前、雑居ビルの一階にひっそりとある街中華さん。

上永谷ってけっこう発展しています。特に乗り換えの駅でもないのに意外ですよね。

今日は原付でフラフラしていたらこのお店がアンテナに引っかかって、ちょいと昼でも引っかけるかと立ち寄った次第です。

こういう時に原付って便利よね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210612145026j:image

 

店内はテーブルのみ、静かな雰囲気。

しかして小さなテーブルを壁につけてカウンターのように運用されているので、そこに着席するとまずは冷たいお茶が出てきます。

これは素直に嬉しいね!

 

てなわけで、注文はいつもの「ワンタンメン」(900円)でお願いしまーす。

うん、見るからにキヨくタダシくウツクしい、基本のキの字に忠実な典型的なわんたんめんですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210612145042j:image

 

まずはスープから。

ちょっと量が少なくて、バランスに欠いているような気がします。

スープはたっぷりのほうが嬉しいんだけどね。

しかして醤油の塩気がガッツリと効いて、コクもジンワリ感じるスープです。

この日はちょっと疲れていたので、こういう濃い味が食べたかったから嬉しいな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210612145053j:image

 

麺は細麺で、しっかり縮れていますね。

シコシコな茹で加減で、量もしっかりあります。

この縮れがスープを良く持ち上げてくれて、良い感じ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210612145057j:image

 

ワンタンは6枚。

小さな肉の餡で、皮はモチモチしています。

最初は硬い皮ですが、時間が経つと馴染んできます。

ツルツルッと皮を楽しめるワンタンです。

 

f:id:yokohamamiuken:20210612145046j:image

 

具材は、シナチク・のり・ナルト。

そして、チャーシューは肉の旨味がしっかりとしつつも、ミッシリとした食べ応えのある赤身のみのチャーシュー。

最近流行りのトロトロのチャーシューもいいけれど、こういう肉の食感をビシッと残しているチャーシューも好みですねぇ。

 

このわんたんめんは、総じてよくまとまった無難な一杯だったと思います。

飲む飲まないは別として、スープがもう少しナミナミと入っていたら見た目の満足感も高かったでしょう。

店員さんの接客も気持ちいいし、このお店には常連さんがたくさんいるようですが、上永谷の里人から愛されている感じがよく伝わってくるステキな街中華でした。 

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。


f:id:yokohamamiuken:20210612145050j:image
f:id:yokohamamiuken:20210612145030j:image
f:id:yokohamamiuken:20210612145033j:image

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

竜門中華料理 / 上永谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2