みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

本牧町の「興源」でワンタンメン

陸の孤島本牧通り沿いの大鳥小学校入り口の交差点近くにある、街中華さん。

みうけんは原付なので難なく来襲しましたが、通常であればバス利用は避けられない立地です。それなのに24時とかまでやっていて、ありがたいお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200124103437j:image

 

お店は大陸からの老夫婦が切り盛り。

客席に嫁さんと赤ちゃんが座っていて、最初は、お客さんかと思ったらマスター夫婦と一緒にニコやかに夕ご飯。まさに家族経営ですね(^^)

 

店内は4人がけ×4、円卓×1、カウンター×5といった使い勝手のよい構成です。


f:id:yokohamamiuken:20200124103431j:image

 

さて、みうけんさんの注文は、いつも大好き「ワンタンメン」(880円)です。

 

注文して5分もせずに着丼。

手際良いなあ。みるからに、清くタダしく美しいワンタンメンでワクワクします。


f:id:yokohamamiuken:20200124103440j:image

 

スープは、期待を裏切らないコクのあるあっさり醤油。

ダシと醤油が良いコンビしています。冷えた体に、しみじみうまいなぁ。

 

麺は中細ストレート。

茹で加減が絶妙でシコシコです。湯切りもしっかりなされていますが、男性ならワンタンなしだと、少し物足りないかもね。


f:id:yokohamamiuken:20200124103434j:image

 

ワンタンは7枚。「個」ではなく、「枚」といった方が正しそうなワンタンです。

皮がピロピロ!!

具は小さく、具より皮を食わせるワンタンです。このワンタン皮のツルツルな食感と喉越しが大好きです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200124103443j:image

 

あとは、アッサリシャキシャキな青菜ですね。

 

このお店は、意外な実力店です。

きっと他のメニューも美味しいでしょう。

横浜の街中華おそるべし、です。

 

また機会があれば、是非とも再訪したいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

興源中華料理 / 山手駅元町・中華街駅石川町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5