みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

上飯田町の「タンハー」でベトナム料理いろいろ

横浜にはたくさんの外国人街があります。

まず、中国からは横浜中華街。韓国からは福富町コリアタウン。タイからは末吉町タイタウン。沖縄、南米の鶴見あたり。

そして、カンボジアベトナムからの移民が中心となった泉区のいちょう団地。

 

このタンハーは、そんないちょう団地の一角にある本格派なベトナム料理のお店です。何しろ入りづらいし、注文だって日本語通じないしな!!

 

f:id:yokohamamiuken:20190907211738j:image

 

店内はかなりの数のベトナム人で賑わっていました。日本人はうちらだけ? 

とりあえず、いつもの「フォー・ニュウ」(はまぐりのフォー・700円)です。

はまぐりのダシが効いていて、コクが素晴らしい逸品。ぜひともスープを味わってほしい!


f:id:yokohamamiuken:20190907211747j:image

 

「バイン・コット」(800円)

ベトナムお好み焼き。通常は巨大なオムレツみたいな見た目ですが、このバイン・コットは小さく作ったもの。

お米の粉をココナッツだ焼いた記事に挽肉が載っており、食べやすいのでバインセオよりオススメ!!


f:id:yokohamamiuken:20190907211729j:image

 

たっぷりの生野菜が添えられてきます。

これだけでも野菜好きのテンションは上がりますよね。この野菜に、まるでカップそばにでも入ってる天ぷらみたいなのを添えて、アッサリしたタレに漬けて食べればもう至福です。


f:id:yokohamamiuken:20190907211716j:image

 

お次は「チャー・ジョー」(600円)

サクサクな揚げ春巻きです。4本300円、8本600円というお手頃価格。中国の春巻きと違い、コメでできたアミアミな皮でさっくり揚げてあります。
これはお気に入り!


f:id:yokohamamiuken:20190907211706j:image

 

「バイン・ミー・ティット・ボー」(800円)。

牛ひき肉とサクサクな芋を炒めた具を、パンの上にたっぷり乗せて、タレに漬けて食べるオープンサンド。


f:id:yokohamamiuken:20190907211803j:image

 

普通のバインミーは分けるのも食べるのも大変だけれど、これは取り分けしやすくサクサクな食感が嬉しい。


f:id:yokohamamiuken:20190907211742j:image

 

「ゴイ・ガー」(900円)

鶏肉たっぷり! 大根と人参たっぷり。甘酸っぱさと野菜のシャキシャキと肉の旨味がたまらん逸品です。

いちおうサラダらしいですが、鶏肉料理のクオリティもあります。なるほどビールに合うわ!

f:id:yokohamamiuken:20190907211758j:image
f:id:yokohamamiuken:20190907211724j:image

 

細君が飲んでいた「ジャックフルーツジュース」(400円)。

ジュースというより、スムージージェラートに近いですね。ジャックフルーツの独特な味が活きていて個人的には好きですね!!


f:id:yokohamamiuken:20190907211714j:image

 

今日もお腹いっぱい食べました。

たまには嬉しい泉区の静かな夜です。


f:id:yokohamamiuken:20190907211720j:image

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

タンハーベトナム料理 / 高座渋谷駅
夜総合点★★★★ 4.0