みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

中華街の「蘭州牛肉拉面 東珍味 小籠包」で辛口ビャンビャンメン

ひさびさに中華街でお昼です。

日々愛読している、横浜界隈では有名な恰幅の良いグルメブログや「はまれぽ」でも紹介されていて気になっていたお店です。

 

お店じたいは関帝廟の脇にある中山路という細い路地にあります。

 

f:id:yokohamamiuken:20181203153623j:image

 

店内はテーブルのみで、平日の昼過ぎでしたが先客は2名でした。

もちろん店内は禁煙。美味しい食事をするための最低条件ですね^^


注文は、前々から決めていた「辛口ビャンビャンメン」(880円)にしましょう。

これは恰幅の良い彼もはまれぽのライターも褒めていて気になっていたメニューです。

 

やがて奥の厨房からバンッ!バンッ!という麺を打つ威勢のいい音が聞こえて程なく着丼です。

 

f:id:yokohamamiuken:20181203153643j:image

 

豆モヤシ、挽き肉唐辛子炒め、チンゲンサイ、油たっぷりのタレ。その下にビャンビャン麺がたっぷり。

挽き肉を少しつまんでみると、けっこうな辛さが食欲をそそりますね(^^)

 

f:id:yokohamamiuken:20181203153713j:image

f:id:yokohamamiuken:20181203153632j:image

 

幅が広くてひもかわうどんのような外見ですが、いったん生地を発酵熟成させているので、かなりコシがあり食感が良いです。

今まで食べた、どのビャンビャン麺よりも幅広くまるでワンタンの皮!!

それなのに煮崩れる事もなく、しっかりとプリコリ感を保っています。

 

f:id:yokohamamiuken:20181203153740j:image

 

この独特のモチモチ感がやみつきになりますね。

 

f:id:yokohamamiuken:20181203153752j:image

 

ラー油主体のタレは、しっかりしたコクがあり実にうまい。

ただ健康を考えると全部は飲めないですが・・・

野菜も肉もしっかり取れるのも良いですね。

横浜では希少なビャンビャン麺を楽しめるならば、充分にコスパはよいと思います。

美味しいビャンビャン麺が食べたくなったら、迷わずここでしょう!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

蘭州牛肉拉麺東珍味小籠包中華麺(その他) / 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7