みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区伊勢佐木町の「国壱麺 中国蘭州牛肉ラーメン 関内店」でビャンビャン麺など

今日もやってきました、ハマの銀座こと伊勢佐木モール。

その伊勢佐木モールに数多ある名店のうち、特にみうけんさん行きつけの「国壱麺」さんにやってまいりましたよ。

 

このお店では手打ち麺がウリなので、注文のたびに麺を目の前でドタンバタンと手打ちしてくれますが、そのエンタメ性もさることながら、もちろん味も素晴らしく良いので家族で愛してやまないお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210206220813j:image

 

今回もいろいろ注文。

注文は店外の食券機にて食券を買い、奥で待機している姐に渡すスタイルですね。

まずは「蘭州牛肉麺」(辛さ無し・極細麺・900円)です。

極細麺は直径1mm、全長384m、130階建ての高さに相当するんだとか。

ちなみにランドマークタワーは70階建て(高さ296m)ですから、ランドマークタワーをゆうに超えてしまう長さです。

驚き!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210206220816j:image

「蘭州油そば」(辛さ無し・スーパー太帯麺・980円)は、全長4m。

こちらはいわゆるビャンビャン麺ですが、やはりこのモッチモチ感は手打ちならではの逸品だと思います。

極細も、このスーパー太帯も、このモチモチさが真骨頂ですね。

ただ、気を付けて食べないと箸からズルリと落ちて、汁にビタンして、服にビシャンするから、要注意だ!!

セルフ食器のわきにあるハサミを活用してくれ!!


f:id:yokohamamiuken:20210206220746j:image

「特製麻婆麺」(太麺・880円)も頂きました。
こちらは全長130m。「麺が柔らかく口当たりがよい」とありますが、ぶっとい上にこれでもかというコシの強さが災いして、噛むのにずいぶんアゴが疲れてしまいましたね。

現代人のアゴの軟弱さを呪った昨今です。

 

麻婆豆腐は優しげな甘さで、日本の街中華のものに近い感じ。

これはこれで美味しいので、次回は細麺か幅広麺で頂きたいと思います。


f:id:yokohamamiuken:20210206220804j:image

今回のイチ押しが、「ミニ紅焼牛肉丼」(290円)。

ミニなので小さいのですが、これは普通に1人前で食べてもいいくらいだな!!

ホッカホカのご飯の上に、柔らかで味わい深い角煮がゴロゴロと乗っています。

 

ごはんにはものすごい量の油が染みて、お椀の底に油の池ができてしまうのでお世辞にも健康的とはほど遠い一品です。

しっかーし、肉とコメの組み合わせの時点で、驚異的なほどに健康クソクラエなメニューですから、これはこれで良いのではないかと思います。


f:id:yokohamamiuken:20210206220753j:image

 

そして、いつもの定番「ラム肉の串焼き」(2本400円)。

ラムは正義です。東京ラムストーリーなんて本が出来てしまうほど!!

このラムの串焼きは辛さ無しができないので大人メニューですが、値が張るだけあって肉が大きくて、ジューシーで食べごたえもしっかりしていますよ。

適度に降られたスパイスがよい感じです!!


f:id:yokohamamiuken:20210206220823j:image

 

はやり国壱麺さんは、手軽だし、出てくるのも早いし、美味しいし、さらに麺の手打ちを眺めているだけでもイベント性があってなかなかおススメだと思います。

これからも、国壱麺さんには足しげく通いたいと思います。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

国壱麺 中国蘭州牛肉ラーメン 関内店ラーメン / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅
夜総合点★★★★ 4.0