みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区曙町の「らーめん家 せんだい 曙町店」でのりらーめん

ここは、いつもお世話になっているグルメブロガー「恰幅の良い彼」さんがいつも推している家系ラーメンのお店。

ほんと、ラーメン屋さんよりも上のお店の方が目立っちゃってるんだからさ!!

 

このお店は、以前は横浜橋商店街の中にありました。

いまの「壱龍釜」のあるところね。

その頃はたま〜に通っていましたが、おそらく移転してから初めての訪問です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210419214440j:image

 

店内はカウンターのみ、食券制というイカにもタダシイラーメン屋さんのスタイル。

店内では、寸胴で豚骨をガコンガコン煮ています。

 

最近はセントラルキッチンのダシでもいいのんがあるけどね、やはり目の前でこうしてダシを取ってもらえると特別感もあります。

 

しっかし、店じゅうすごい豚骨の香り!

 で、今回は「のりらーめん」(780円)を醤油味で注文です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210419214435j:image

 

まずはスープからね。

うん、油がしっかりと浮いたパワーのつくスープ。

醤油の塩気よりも豚骨のコクと脂の甘味が先に立ってきます。

 

ドぎつくなく、食べやすい優しい味という味方もできますし、もう少し塩気が欲しいと思う御仁もいらっしゃるでしょう。

個人的にはなかなか好きな部類かな。

 

f:id:yokohamamiuken:20210419214445j:image

 

麺は極太でモッチモチ。

適度にウェーブがかかっていて、このスープとの相性もバッチリです。

量もしっかり入り、食べ応えは充分。

そういや、家系にはつきものの3択(味の濃さ・脂の多さ・麺の硬さ)は特に聞かれませんでした。

 

f:id:yokohamamiuken:20210419214428j:image

 

具材は、まずはのりらーめんですからね。

のりは8枚。しっかりしたのりで、スープに浸してもしっかりしています。

こののりをのりをスープに浸し、さらにライスを巻いて食べたらうまいんだろうなぁ。

 

ほうれん草は、いつものクタクタタイプ。

わりかしたっぷり入ってます。

 

チャーシューは、肉の食感をミッシリと残したもので、ロースかな。

噛むごとにギュムギュムと伝わってくる噛みごたえが、肉食ってるぞーっていう心の叫びとなって伝わってきますね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210419214432j:image

 

このラーメン屋さんは、もんんのすごく絶賛するものでもないですが、個人的にはたまに食べたくなる味ですね。

また機会があれば、再訪したいと思います。

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

らーめん家 せんだい 曙町店ラーメン / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5