みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

港北区菊名の「武蔵家 菊名店」でらーめん並&のり

菊名駅東口のバス停前にある家系のお店。

はて、こんなのいつ出来たんだっけなと思いますが、他にこれといった当てもなかったので入店することにしました。

 

店内はカウンターのみの構成で、客層はだいたい男性ですね。

まぁ、それもそうか。

 

f:id:yokohamamiuken:20210127112954j:image

 

入り口入ってすぐの食券機で、とりあえずの「らーめん並」(650円)に、「のり」(100円)をポチります。好みはすべて「ふつう」でお願いしました。

 

「ライス無料ですよ! 大中小あります」との問いかけが来ますが、そんなに食えませんからねぇ。また今度でね!!

 

かくして10分足らずで着丼です。手際がいいなぁ。

 見た目は、いかにもなタダシイ姿の家系ラーメン。とっても良い香りです!!


f:id:yokohamamiuken:20210127113001j:image

 

まずはスープから。

うん、もう一口。

豚骨のコクがしっかりしていますが、それほどくどくなくて好みかも。

 

このダシがどのように煮出されているのかは、ちょっと確認ができませんでしたが個人的には好きなスープです。

 

油がギトギトだったら良いってもんじゃないし、醤油をガッツリ効かせれば良いってもんでもないからね。

これは中年には丁度良い家系のスープですね。


f:id:yokohamamiuken:20210127112951j:image

 

麺は、いかにも家系の麺。

この絶妙な太さと茹で加減が、実に良い感じなのです。

量もしっかりあって、スープとの相性も良い。

うん、この麺はモグモグと美味しいなぁ。


f:id:yokohamamiuken:20210127112958j:image

 

具材は、のりが8枚。

しっかりしたのりで、スープに浸しても溶けずにいてくれますから、スープに浸して麺を巻いて食べるのも いとをかし。

 

ほうれん草はクタクタで、思いの外たくさん入っています。

このほうれん草が、またこのスープに合うのよね。

 

チャーシューは赤身がたっぷりのロース肉。

箸で持つとしっかりしているんですが、柔らかく煮込まれており、しかして柔らかすぎずに丁度良い塩梅です。


f:id:yokohamamiuken:20210127113006j:image

 

総じて、駅前という好立地もありましょうが、この人気ぶりの理由を垣間見た気がします。

この日は満員で、外に待ちができるほどでした。

駅前で閑古鳥泣かしているチェーン店のラーメン屋が可哀想になってくるほどです。

 

まぁ、この武蔵家さんだってチェーン店には変わりはないのですが、充分に美味しい家系であるなぁと個人的には満足しつつ、残りのスープをすすったのでした。

 

再訪希望値:★★☆ 機会があれば

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

武蔵家 菊名店ラーメン / 菊名駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5