みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

港南区大久保の「川の先の上」でらーめん味噌&味玉

上大岡駅から西側、大岡川を渡ってミツワセンタービルの2階にあるラーメン屋さん。

上大岡には数少ない、家族連れで行きやすい割に美味しいラーメン屋さんで、これといって目立つ看板も外には出していないのにクチコミだけで着実にファンを増やしている実力派のお店です。

うちの子供たちは、ここのワタアメが好きでよく通ってるのよね!!

ラーメン屋に来たんだからラーメンを楽しみにしようぜ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20200920223205j:image

 

今回は、食べるものをあらかじめ決めていたのでオーダーもスムーズです。

「らーめん味噌」(890円)に「味玉」(100円)トッピング。

 

味玉、最強。

いや、ふだんはあまり味噌ラーメンはたべないんですが、いつも醤油ラーメンだったのでたまには味噌もいいかなと。

 

f:id:yokohamamiuken:20200920223145j:image

 

う〜ん、なるほど味噌。

濃厚な味噌の味。炒めた野菜の出汁がしっかりしていて、塩分もしっかりしていて食べ応えのある味噌ラーメンです。

味噌ラーメンはあまり食べた経験ないので評価も難しいんですが、なんというんですかね、このあふれる野菜の旨みというかコクというか。

ついつい飲めてしまうスープです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200920223128j:image

 

麺は平打ちのストレート麺。

茹で加減は絶妙にシコシコな食感。

アルデンテまではいかないけれど、この噛み切る食感を素直に楽しむことができる麺はなかなか稀有なものだと思います。

特筆すべきは、この麺が自家製麺であるということ。

醤油ラーメンの麺とは明らかに違うし、ラーメンの味により麺を使い分けているのでしょう。

このこだわりと、丁寧なお仕事には毎回脱帽させられてしまいますね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200920223133j:image

 

具材は炒め野菜をベースに、ニラ、焼きネギ、ロースとバラのチャーシュー、シナチク。

チャーシューは下味はしっかり、肉の食感はプリプリで食べ応えもしっかりしています。

どれも、味噌味のスープとの相性も抜群です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200920223149j:image

 

味玉はトロトロ。

思わず、良きかなとうなってしまう「食べて良かった!!」な味玉。

かなり柔らかめな半熟で、割ると溢れ出るトロトロな黄身にまでしっかりと下味が染み込んでいます。

これはしみじみとうまいなぁ。


f:id:yokohamamiuken:20200920223155j:image

 

やはり、この店は上大岡の名店だけあって全てにおいて文句がつけようがないお店です。

ラーメンの好みは人それぞれなので、このラーメンが好みではないという人も一定数でいるようですが、みうけんは個人的にここのラーメンは好きな部類です。

また機会があれば、次回は塩ラーメンを頂きに来たいと思います。

 

御造作!!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

川の先の上ラーメン / 上大岡駅港南中央駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8