みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区長者町の「Bihotza」でバスク料理弁当

長者町鎌倉街道沿いにある本格的なバスク料理のお店。

「Bihotza」で「ビオッツァ」って読むそうです。

ちょっと目立たなくて、ここだよと言われないと通り過ぎてしまいそうな外観です。

しかし、この界隈において実はなかなかの実力店であり、たまにランチテイクアウトで利用しています。

お店のスタッフの方にも、すっかり顔を覚えて頂いたようで。有難き幸せ、ですな。

 

f:id:yokohamamiuken:20200824225822j:image

 

ランチテイクアウトのメニューは毎回変わるのですが、今回はまず「ポークソテー キャベツ入りマッシュポテト添え コールスローサラダ、パン付き」(800円)です。

これで800円ですからね、3つも皿(1つはアルミホイルだけど)が並ぶとそれなりに豪華に見えます。


f:id:yokohamamiuken:20200824225843j:image

 

まずはポークソテー キャベツ入りマッシュポテト添え。

ほんのりマスタードが香る香ばしいポークソテーです。この肉が実に柔らかくて、食感もすごく良い!!

ポークソテーはたまに自宅で作って食べますが、自分ではこんなに柔らかくはできないです。

マッシュポテトは、マッシュと言いながらしっかりとポテトの形が残っています。

これも味付けがこってりしていて、なかなか美味!!


f:id:yokohamamiuken:20200824225834j:image

 

パンはフランスパンです。

こちらは特筆するようでもないですが、やはりこういう料理にはパンも合いますね。

そこそこ満足感のある量です。


f:id:yokohamamiuken:20200824225847j:image

 

コールスローが特に美味しい!!

正直、どんな味付けなのか分からないのです。

きっと、聞いた事もないような調味料が使われているのでしょうが、いつも食べるコールスローとは一味も二味も違います。

この味付け、ぜひとも習いたいわ!!


f:id:yokohamamiuken:20200824225826j:image

 

「キノコと豆の炊き込みご飯 イナダのフライ添え」(800円)も旨味たっぷりのご飯の中には、しっかりと具材が入って食べ応えも充分。

イナダのフライもさっくり揚がっていて、イナダの旨味と脂分が合わさってガッツリしています。

これは、なかなかに食べやすい逸品でした。

f:id:yokohamamiuken:20200824225850j:image

 

細君が大好きな「バスクチーズケーキ」(大:600円)。

これはいつも細君が食べるのですが、一口もらう事もあります。

このチーズケーキに関しては、明らかに他で売られているバスク「風」チーズケーキに比べて雲泥の差を感じる、と細君は言っています。

みうけんは食後に甘いものはあまり食べないのですが、このチーズケーキはそこまで甘ったるくなくて食べやすいと思いますよ。


f:id:yokohamamiuken:20200824225840j:image

 

このお店は、いつ行っても料理は美味しいし、お店の方も感じが良いなと思います。

うちはどうしても子連れになってしまうので、このようなオシャレな店はなかなか行きづらいのですが機会があればイートインでも利用して、ゆっくりと美味しいバスク料理に舌鼓を打ちたいものだなぁと思います。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

Bihotzaスペイン料理 / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅
テイクアウト総合点★★★★ 4.0