みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区錦町 マリンハイツの「百鶴楼」でルーローハン

もはやお馴染み、中区錦町マリンハイツの百鶴楼さん。

とっつきにくい外観と、訪問しづらい場所な割には人がパラパラと途切れすに訪れ、昼時には満席御礼になることもあるという隠れた人気店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200826075519j:plain

 

この日もニッカニカな台湾人ご夫婦と、アニメ声が人気のメイメイちゃんがニッカニカとお出迎え。

オニーサンドーモ!! アチュイネ!!笑というお決まりの会話を交わしながらカウンターに着席です。

空いている時はテーブル席に通されるけれど、個人的にカウンターの方が落ち着くのよん。

 

そして注文したるは「ルーローハン」(800円)。

今日も、これで800円でいいのかい?な盛り付けに圧倒されます。
 

f:id:yokohamamiuken:20200818215318j:image

 

今までいろんなお店でルーローハンを食べてきました。

だいたい横浜で売られているルーローハンはしっかりと角煮と煮卵が載っている豪華なタイプ。台湾南部のルーローハンなのかな?

特に、ここ百鶴楼のルーローハンに乗っている角煮はトロトロすぎず、さりとて肉らしい食感をこれでもかと残した美味しいもので、みうけんはいつもこいつにヤラレてしまっています。


f:id:yokohamamiuken:20200818215305j:image

 

そぼろもね、しっかりとした味付けで柔らかさが際立っていて実に食べやすい。

椎茸がまた、イィ味を出しています。

これ自体もしっかりと味を持っているし、ここからこれでもかと滲み出るタレがコッテリとご飯に染みていくから、まさに至福ぞ。

この、肉とタレとご飯の組み合わせに決して間違いはないのですよ。


f:id:yokohamamiuken:20200818215309j:image

 

ゴハンがね、ものすごい量なんですよ。

きっと2合分はあるんじゃないかと思うくらい。なんとかフーハーしながら食べきるんですが、お腹がいくら苦しくなっても、百鶴楼のルーローハンでの満腹感というのは、それだけで幸せな気持ちでいっぱいにさせてくれます。

そして、いつもの優しげなスープ。

 

この日もデザートに「チョコアジー」のゼリーがありましたが、このルーローハンの余韻をチョコアジーで壊してしまうのはもったいないので、辞退させていただきました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200818215314j:image

 

やはりマリンハイツの百鶴楼は銘店。

うちの職場の仲間で宴会を持ってから、職場内でも徐々に噂と波紋を呼んで百鶴楼中毒者が出ているようです。

みんな、健康診断の前日には控えろよ!!

今回も幸せイッパイ、お腹イッパイでニッカニカを分けてもらい、店を後にしたのでした。

 

御造作!! 

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

百鶴楼中華料理 / 山手駅元町・中華街駅
昼総合点★★★★ 4.0