みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※記事は基本的に毎日18時に更新です。

中区錦町 マリンハイツの「百鶴楼」でルーローハン

 

アラー!

オニイサン!! イラッシャイ!! キョウハシゴトヤスミ??

 

そんな黄色い声で始まる、今日も百鶴楼タイムの幕開けです。

今日は無性にルーローハンが食べたくなりましてね。

 

バイクを走らせて、意気揚々と駆け付けた次第です。

相変わらずの「我が家」は、やはりホッとします。

 

f:id:yokohamamiuken:20210924151911j:image

 

てなわけで、今日のオニイサンの注文。

 

「ルーローハン」(880円)

 

いやぁ、このビジュアルに会いたかったの!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210924151858j:image

 

まさに文字通り、山盛りにされたごはんに、ゴロゴロとした皮つきバラ肉。

上には肉そぼろがたっぷり載せられて、文字通りツユダクなごはんにはしっかり味が染みています。

 

特に、ここ百鶴楼のルーローハンに乗っている角煮はトロトロすぎず、さりとて肉らしい食感をこれでもかと残した美味しいもの。

みうけんは、いつもこいつにヤラレてしまっています。

 

脇に載せられた高菜、タクアンがまたね。

良いアクセントになっているのよねえ。

肉、ごはん、味玉。


f:id:yokohamamiuken:20210924151909j:image

 

このお店の素晴らしいところは、これだけではないのよ。

このお店には名物のアニメ声の看板娘さんがいるんだけどね。

 

この娘さんが他の方に給仕するときの会話が良いBGMになっています。

 

「ゴハーン、タリナカッタラ、イッテー」

「イー、アル、サン、スー、ウー、リュー・・・」(釣札を数える声)

「アリガット、ゴヂャイマシタァー」

 

いやぁ、ほのぼのします。

こういう雰囲気、ほんとうに大好き!!

 

そぼろもね、しっかりとした味付けで柔らかさが際立っていて実に食べやすい。

椎茸がまた、イィ味を出しています。

 

これ自体もしっかりと味を持っているし、そぼろからこれでもかと滲み出るタレがコッテリとご飯に染みていくから、まさに至福ぞ。

 

この、肉とタレとご飯の組み合わせに決して間違いはないのですよ。


f:id:yokohamamiuken:20210924151901j:image

 

このルーローハン、量もかなりあるので苦しくなるほどいただけます。

満足感が高いお食事のあとは「デザートノセンチョゼリーィ」です。

 

いわゆるひとつの仙草ゼリーですね。

漢方のゼリーですから、食べるごとになんだか奥深い味がします。


f:id:yokohamamiuken:20210924151904j:image

 

さらに追いデザート、メロン!!

甘くて冷たくて、柔らかくて美味しいですわ!!

 

もうさ、おなか一杯だっていうのに、これでもかこれでもかと詰め込んで来るドSさんよ!!

フォアグラの鴨か!!


f:id:yokohamamiuken:20210924151906j:image

 

やはり、ここ百鶴楼は銘店だなぁと思います。

我が職場でも、百鶴楼ファンクラブが結成されて毎日のように誰かしら通っているという集団中毒、集団常連状態。

 

だから、うちの職場は肥満率が高いんだよ!!

このルーローハンだって、ご飯2合ぶんありそうだしね。

 

定食のごはんをオカワリする猛者だっているようです。

やー、今回も幸せイッパイ、お腹イッパイ。

 

今日もオトウサンとオカアサンとムスメちゃんからニッカニカを分けてもらいつつ、満腹満足で帰途についたのでした。

 

 

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

 

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

 

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

百鶴楼中華料理 / 山手駅元町・中華街駅
昼総合点★★★★ 4.0