みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

板橋区板橋の「レストランせんごく 新板橋店」でステーキハンバーグ&ハラミステーキ

東京都内に何軒かある、ハンバーグが美味しいと噂のハンバーグレストランです。

ハンバーグと言えば横浜ならハングリータイガー、静岡ならさわやかと相場が決まっていますが、ここ東京にも美味しいハンバーグ屋さんがあるとは。

そんな噂を耳にして、東京在住のお友達の家に行く途中で、ちょいと立ち寄ってみた次第です。

ちなみに店舗横には2台分の駐車場がありますが、隣接するファミレスの駐車場と間違えないように注意しよう。

 

f:id:yokohamamiuken:20200816235909j:image

 

今回の注文は「ステーキハンバーグ&ハラミステーキ」です。

サイズが各種あるのですが、みうけんはガッツリと「ステーキハンバーグ200g+ハラミステーキ80gのセット」にしました。これで2190円。

ソースは幾種類かありますが、ここは当然!! 「せんごくバター」で決まりです。


f:id:yokohamamiuken:20200816235851j:image

 

先に来たのが、キッズプレート。ちょっと正式名称と価格は失念してしまいました。

おもちゃ付きで子供も喜びますし、何より子供用でも全然やっつけてないのよ!!

ハンバーガーがクオリティ高い!!


f:id:yokohamamiuken:20200816235848j:image

そして、ついにやって来たお肉さん。

ジュージューパチパチと刺激的な音を弾ませるもんだから、こちらの心までドキがムネムネしちゃうじゃないの!!

このビジュアルを目の当たりにして、心躍らないデブがどこにいるのだろうか!!

f:id:yokohamamiuken:20200816235841j:image

 

もうね。

言うことないですわ。

ソースなんかなくても、一生噛んでいられるハンバーグ。

肉汁がどうの、下味がどうの、食感がどうの。

そんなウンチクはいらない。

ただ、あるがままに無言で噛み締めるのみです。 


f:id:yokohamamiuken:20200816235858j:image

 

ハラミステーキもしっかりと下味がついているので、みうけんはソースは一切つけません。

むしろ、ソースなんかで肉の味を壊すのはナンセンスよ。

しっかりレアで好みの焼き加減。

やっぱステーキはレアかブルーレアよね。

このステーキもギュムギュムと噛むごとに旨味があふれ、もう言葉なく噛みしめながらうなずき続けていました。


f:id:yokohamamiuken:20200816235902j:image

 

肉には白米。

これは鉄則です。こればかりはパンやパスタじゃあいけませんやネ。

この肉の偉大なうまみを受け止めるのが、日本の偉大な主食にしてどんな料理にも合わせられる「ごはん」なのです。

ごはんの炊き加減もふっくらで、肉との相性をよく考えて炊かれているのだなと思います。

 

f:id:yokohamamiuken:20200816235906j:image

 

このお店は美味しいという大前提で訪れましたが、見事に期待に応えてくれたお店です。

東京にも、ここまでにクオリティが高いお店があるとは。

また機会があれば、是非とも再訪したいお店だなと思いながら最後の一切れを噛みしめたのでした。

 

御造作!!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

レストランせんごく 新板橋店ステーキ / 板橋区役所前駅下板橋駅新板橋駅
昼総合点★★★★ 4.0