みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

舞岡町の「食香居」でカキとニラの炒め定食

戸塚区とはいっても、舞岡熊ノ堂の交差点の脇。

駅からはずいぶん歩きますし、パッと見で近くにはコインパーキングすらなさそうで、こんな所に開店しちゃって大丈夫? な中華屋さんです。

でも、だからこそ気にもなっていたお店なんですよね。

 

f:id:yokohamamiuken:20200523154036j:image

 

店内はカウンター×5、テーブル4人がけ×3、

2人がけ×1、という構成。

テーブルをつなげれば、大人数にもゆうに対応できそうですね。

 

この日は、中国人のお兄さんとコワモテなマスターで切り盛りされており、接客はなかなか元気よくて丁寧でしたよ。


f:id:yokohamamiuken:20200523154026j:image

 

まぁメニューはいろいろあるけれど、「カキとニラの炒め」(750円)が気になったのでそれにしましょう!

単品だと750円、定食だと70円増しの820円でした。

ごはん、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐が70円とは破格だね!!


f:id:yokohamamiuken:20200523154100j:image

 

まずはスープから。

コクがしっかりながら、優しい味わい。

具材は豆腐・玉子・わかめという基本を押さえたもの。


f:id:yokohamamiuken:20200523154040j:image

 

次はいよいよカキとニラの炒めです。

カキがいっぱい入っており、その一粒一粒に旨味が濃縮されていて、うまーい!!

ニラ、タマネギと野菜もたっぷり入ってシャキシャキな炒め加減でうまーい!!


f:id:yokohamamiuken:20200523154120j:image

 

こりゃたまらんと、猛然とごはんに向かいます。

ツヤツヤで山盛りのごはんで、これまた破壊力あるなぁ!!


f:id:yokohamamiuken:20200523154032j:image

 

さらにカキ!カキ!

プルプルなカキは外はカリッと、中はしっとりとした絶妙な炒め加減。

これは大正解だわー。


f:id:yokohamamiuken:20200523154105j:image

あとはサッパリしたザーサイと、自家製であろうもっちりした杏仁豆腐。

フルーツいりで豪勢です。

 

やー、このメニューにして大正解でした。

立地的にバイクでしか来れなくて、従って飲めないのが残念なりかな。

 

聞いてみると元々はモディかどっかで惣菜を売っていたお店のようですね。

したがってお持ち帰りの需要への対応も得意なようで、この日もお持ち帰りの客ばかり次から次へと来訪されてました。

 

これは意外な所に優良な実力店を見つけました。

またカキとニラの炒めを食べに寄らせて頂きます!!

 

御造作!!

 

備忘録としてメニュー写真を載せておきます。


f:id:yokohamamiuken:20200523154124j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154049j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154112j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154029j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154130j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154116j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154109j:image
f:id:yokohamamiuken:20200523154044j:image

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

食香居上海料理 / 舞岡駅
昼総合点★★★★ 4.0