みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

愛車はヤマハのシグナスX。 原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
※いままではカタい文章の書き方でしたが、徐々に改めていきます。

中区弥生町の「中国蘭州牛肉拉麺 王記」でいろいろ

久々の訪問です。

大通公園脇、横浜では有名なカレー屋さんの脇にある本格的かつリーズナブルな中国蘭州ラーメン四川料理をいただけるお店。

 

蘭州ラーメンと言っても、かつては麺を手打ちしていましたが現在は店主の腱鞘炎のために市販の麺に変わっています。

それでも、変わることのない居心地の良さと店主の人柄に惹かれて、通い続けるみうけん家です。

 

f:id:yokohamamiuken:20210517055857j:image

 

さて、この日も見事に満席になっていました。

予め電話していたので、難なく奥のテーブル席に座り込んでメニューと睨めっこです。

 

まずは「尖椒炒肉」(豚肉の唐辛子炒め:868円)から。

一見して回鍋肉のような感じもしますが、キャベツだけのそんじょそこらの回鍋肉と違って色んな野菜と、大量の唐辛子がブチ込まれています。

 

こってりした豚バラ肉と、ガッツリした味付け、ビリビリ来る辛味、そして容赦なく襲いかかる油のコラボ。これはごはんが進むなぁ!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210516210418j:image

 

子らには、いつもの「蘭州牛腩麺」(蘭州牛バララーメン:790円+大盛り)です。

メニューには「舌の上で味じ 丁寧に作る」とフシギな紹介をされていますね。

子らが食べるので辛さは抜いてもらってますが、本来は真っ赤な油が入ってピリ辛な料理です。

 

これが、かつては手打ち麺を使っていたのですが、市販の麺になっても美味しいです。

しっかりと牛骨のダシをとったスープ、トロトロに柔らかい牛バラ、そして丼を彩る大根や人参、パクチー

何回食べても飽きのこない美味しさですね。

 

f:id:yokohamamiuken:20210516210422j:image

 

おつまみに、「酸菜豚肉焼餃子」(高菜入り豚肉焼き餃子:5個550円)です。

パリパリの羽根が良い感じだね!!

 

この餃子は、もちろん皮から手作り。みうけんは日本によくある薄皮の餃子はあまり好きではなくて決して自ら注文することはないのですが、本場の餃子となれば話は別です。

食べやすい一口サイズにまとめられた芸術よ。

 

羽根をパリパリとかじってから黒酢をつけて口に放り込むと、モッチモチの皮の中からジュワッと溢れてくる肉汁の旨味、高菜の爽やかな風味が煩悩に支配された口の中を清めてくれるかのようですよ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210516210437j:image

 

高菜好きなみうけんとしては、「高菜炒飯」(高菜チャーハン:680円)も注文です。

餃子は「酸菜」で炒飯は「高菜」なんですね。

使い分けているんでしょうか??

こちらは文字通り高菜をしっかり入れた炒飯。

 

油っこいばかりのチャーハンが多い中で、この高菜のアッサリ感が良いですね!!

炒め加減もパラパラ過ぎずしっとり過ぎず、よい塩梅に仕上がっていると思います。

f:id:yokohamamiuken:20210516210404j:image

 

このお店に来たら外せない逸品!!

たまに無性に食べたくなる味で、この日もこのメニューだけを食べに来たと言っても過言ではありませんが。

そう、泣く子も黙る「水煮牛肉」(牛肉の激辛煮込み:1080円)です。

 

これは、下味をつけた牛肉を炒め、たっぷりの野菜も炒め、大量の中華香辛料と煮えたぎった油をジャバーした料理。

いったい、どこら辺が「水煮」なのか全く理解できねぇな!!!

 

f:id:yokohamamiuken:20210516210433j:image

 

これはね。

この美味しさをこんな駄文で表現しろって方が無理なんですよ。

このうまさは、とにかく食べてもらうしかない。

油っこいは油っこいのですが、ほとんど野菜でもあるので意外とスルスルいけちゃいます。

 

白いご飯も止まらない!!

あまりの美味しさに調子に乗ってズルズル食べたら、翌日になって尻が阿鼻叫喚の修羅地獄でしたわ。

 

f:id:yokohamamiuken:20210516210430j:image

 

辛いもんのあとの、甘いもんは欠かせませんよね。

だからといって杏仁豆腐だとかの月並みなものは食べませんよ。

そう、「炸饅頭」(揚げ饅頭:4個280円)です。

顔馴染みのせいか、毎回注文するたびに量が多くなっている気がします。

 

f:id:yokohamamiuken:20210516210426j:image

 

ほんのり甘い中国のパン(?)をサックサクに揚げてコンデンスミルクにつけて食べる中華の定番デザート。

中国のデザートは杏仁豆腐ばかりと思ったら、大間違いなんだなぁと思い知らせてくれます。

 

これは誰が食べても高い評価を誇る、誰もが安心できる味。

みうけん家でもメニューにあれば、ほぼ必ず注文しています。

 

この日もお腹いっぱいいただいて、お会計は5000円でした。

やはりこのお店は何を食べても美味しいし、なにより店主の笑顔がステキなのでついつい通ってしまいます。

今はお酒が出せないとの事で残念至極でもありますが、また餃子やをつまみにキンキンに冷えたビールを流し込みに来たいと思います。

 

再訪希望値:★★★ 是非とも行きたい

 

【みうけんさんオススメの本もどうぞ】

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

中国蘭州牛肉拉麺 王記中華料理 / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅日ノ出町駅
夜総合点★★★★ 4.0