みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

弥生町の「中国蘭州牛肉拉麺 王記」でDセット

横浜の大通り公園沿いにある中国蘭州拉麺のお店。みうけん家の行きつけの店でした。

 

f:id:yokohamamiuken:20200212001100j:image

 

こちらのウリは、目の前でビタンバタンと手打ちしてくれる、モチモチプリプリな手打ちラーメンを優しい牛骨ダシに麻辣を合わせたスープ、柔らかく煮込まれた野菜や牛肉を彩り良く添えた蘭州拉麺でした。

 

しかし、マスターが手が痛いという事で手打ち麺をやめてしまい、魅力は半減したであろうけれど、いま一度だけ現状を確かめに再訪した次第です。

 

今回は「Dセット」(890円)にしました。

坦々ラーメンor蘭州高菜ラーメン、半炒飯、お新香というラインナップ。


f:id:yokohamamiuken:20200212001110j:image

 

手際よく登場です。

いつもは麺を手打ちするのに時間がかかっていましたが、それを見るのも楽しみでした。

今回は、それがないので着丼も早いぶん、なんだか寂しい気分です。


f:id:yokohamamiuken:20200212001057j:image

 

優しい牛骨ダシは健在。

しかし、少しコクが弱くなったようにも感じます。手打ちの麺ではないという精神的な落胆が、スープの味に対する評価まで左右してしまうのだろうか。

 

辛めでお願いしましたが、まぁ普通の辛さでした。


f:id:yokohamamiuken:20200212001104j:image

 

麺は、太めで少しウェーブがかかったもの。

当然ながら太さは均一、茹で加減も均一です。

今までは部位によって太さがまちまちで、それによる食感の違いを楽しむのも醍醐味の一つでしたが、やはりその楽しみは完全に失われてしまいましたね。


f:id:yokohamamiuken:20200212001107j:image

 

半炒飯は、なかなか美味しかったです。

炒めている姿を見ても熟練の技は生きていました。

具材は卵、ネギ、ウインナーのみじん切り(中国腸詰かもしれません)とシンプルですが、そのシンプルさがまた良いのです。


f:id:yokohamamiuken:20200212001113j:image

 

お新香はザーサイでした。

塩分高いので、少しだけ頂きました。

 

うーむ、やはりこの店いちばんのウリであり、魅力であり、他店と差別化を図っていた部分を切り捨ててしまったのは本当に惜しい事です。

 

マスターの腕の容態も心配ですが、そこいら辺のラーメン屋とあまり変わらなくなってしまった今、マスターに会いに再訪はしても、美味しい手打ち麺の店として友人知人におススメする事はもうないと思います。

 

またいつか、美味しい手打ち麺が食べられる日が来ると良いなと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

中国蘭州牛肉拉麺 王記中華料理 / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅日ノ出町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0