みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

金沢市兼六町 兼六園の「兼六亭」でじぶそば定食など

石川県金沢市を代表する観光名所、兼六園

その片隅にある食堂とお土産屋さんをかねたお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20200106222214j:image

 

こちらは朝早くからお食事ができるところ。

せっかく金沢まで来たんですもの、ホテルの朝食バイキングもいいけれど、こういう店で推されている地の朝ごはんもいいものですよ。


f:id:yokohamamiuken:20200106222148j:image

 

店内は和室です。

なんだかおばあちゃんちに来た感じで、癒される空間。おばあちゃんちというか、リアルにみうけん家そのまんまです。

うちは古民家だからな!


f:id:yokohamamiuken:20200106222227j:image

まずは「おでん盛合せ」(700円)。

この前日、金沢おでんの銘店として名高い「赤玉本店」で美味しい金沢おでんをたくさん食べたので、また食べたくなっての注文です。

やはりダシが秀逸!


f:id:yokohamamiuken:20200106222139j:image

 

「じぶそば定食」(1350円)

八寸皿と三色あんころつき。トロトロな治部煮が載せられたそばで、そばは香り高くて美味。


f:id:yokohamamiuken:20200106222200j:image

 

治部煮もトロトロハフハフで、元気になる味です。

とにかく金沢料理はダシが秀逸で、ついつい飲み干せてしまう味ですね。


f:id:yokohamamiuken:20200106222151j:image

 

「つけじぶそば定食」(1350円)は、そばを治部煮につけて食べるバージョン。


f:id:yokohamamiuken:20200106222231j:image
f:id:yokohamamiuken:20200106222237j:image
f:id:yokohamamiuken:20200106222207j:image

 

どちらも三色あんころ餅がついてきます。


f:id:yokohamamiuken:20200106222221j:image

 

八寸皿は、なぜ八寸? ふつう和食皿のサイズは寸と尺であらわし、八寸皿は24センチの皿をいいますが、なぜこのサイズで八寸皿かが不思議です。

でも繊細な盛り付けですね!


f:id:yokohamamiuken:20200106222218j:image

 

「お子様そば」(300円)はうどんに変更。

300円なりのクオリティですが、お子様メニューがあるのはありがたい事です。


f:id:yokohamamiuken:20200106222234j:image

 

ちなみに、こちらのトイレは和式が多いので足腰の弱い方や洋式に慣れた方は注意が必要です。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

兼六亭郷土料理(その他) / 野町駅北鉄金沢駅金沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5