みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

勝山市村岡町寺尾 恐竜博物館の「ジオターミナル」で昼食

福井県は恐竜博物館に行ってまいりました。

な〜んにしろ不便なところです。周囲は山林と田んぼしかありません。

そんな恐竜博物館の駐車場の一角をつぶして、お土産屋さんと食堂を兼ねたジオパークというものが最近できました。

 

f:id:yokohamamiuken:20200106215414j:image

 

この恐竜博物館じたいは、よく考えられて展示されており、大人も子供も飽きずに過ごせる秀逸な施設です。

館内でドラえもんの映画なんか無料で上映してくれて座って見られるので、よい休憩にもなります。

ただ、飲食物は持ち込み不可・他にレストランはなしだった頃は、館内のレストランは常に鬼混みで2時間待ち3時間待ちは当たり前だったとか。

そんな事情をうけて、急遽作られたレストランなのです。

 

メニューはよくある観光地ボッタクリ価格まではいかず、そういう面でも好感が持てます。

 

f:id:yokohamamiuken:20200106215424j:image 

 

こちらは食券機で食券を買うと自動的に注文が入るシステム。

作り置きを皿に盛るだけなので提供時間も異様に早いです。こういう店に本格を求めていないので、早く出てくるのは嬉しいところ。

 

まずは期間限定「とり天そば」(価格失念)。

まぁ、駅の立ち食いそばレベルなのは否めません。しかし食券を買ってから1分待たずに出てきたのは驚異。

鶏天はフカフカで美味でした。そばつゆもダシはしっかり、麺は少し柔らか目でしたが不満のないものでした。


f:id:yokohamamiuken:20200106215406j:image

 

「SAURUSレンジャーランチ&ドリンクセット」(1350円)。

なんなんですか、この車は!!


f:id:yokohamamiuken:20200106215513j:image

 

中にはピタサンド、チキン、ポテト、ミニトマトが入っています。緑のレタスっぽいのはビニール製のニセモノ。

ポテトは普通ですが、チキンはカリサクで中はジューシー! なかなか美味です。


f:id:yokohamamiuken:20200106215417j:image

期間限定「ソースカツ丼」(価格失念)。

これも出てくるのが早いです。ソースカツ丼ってのは名古屋めしだと思っていましたが、福井県でも食べられるんでしょうか?

カツはいかにも作り置きって感じですが、普通に美味しく頂けました。


f:id:yokohamamiuken:20200106215427j:image

 

付け合わせにサラダとおみをつけもついてきます。

 

f:id:yokohamamiuken:20200110131044j:image

 

「鶏ケラトプ巣」(600円)は、これでトリケラトプスですって。よく考えるなぁ、というかこじつけでしょう。

チキン3本とポテトのボックスです。

 

f:id:yokohamamiuken:20200106215421j:image

 

「かき氷」(400円×2)は普通にかき氷。

特筆すべきところはないです。


f:id:yokohamamiuken:20200106215430j:image

 

チキンを、アッと言う間に子供たちに食い尽くされてしまったので、その不完全燃焼を解消すべく「SAURUSレッグ」(650円)を注文しました。

これは柔らかくて味付けも良い!ただ、骨までもう少し火を通すともっと完璧でしょう。


f:id:yokohamamiuken:20200106215403j:image

 

まだあまり認知されていないのか、こちらは比較的すいているし、料理が出てくるのも早かったので利用しやすかったです。

恐竜博物館の館内レストランが混んでいる時は、こちらで食べて再入場というのもアリだと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

ジオターミナル洋食 / 比島駅勝山駅発坂駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2