みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

南幸 相鉄ジョイナスの「勝烈庵 相鉄ジョイナス店」で勝烈弁当

相鉄ジョイナスの地下一階にあるとんかつの老舗。

本店は馬車道にあり、一品香、崎陽軒、ありあけなどに居並ぶ横浜を代表する外食産業です。

 

f:id:yokohamamiuken:20190930214838j:image

 

かつて神奈川新聞にはよく広告を載せていました。今も載ってるんだろうけどねぇ。

だから、物心ついた時には当然のごとく知っていましたが、やはり昼に4ケタはなかなか出さないビンボー人なので、ほとんど行ったことはありませんでした。

 

ただ、今回は優待券を頂きましたので、それを利用してのプチ贅沢です。

はい、「勝烈弁当」(1600円)です。

棟方志向の描くムッチリ姐のイラスト入りの紙袋に入っていますね。


f:id:yokohamamiuken:20190930214843j:image

 

出してみると2段重。

包み方も洗練されていて、伊達に4ケタ取りませんよ。包み紙も良い香り。


f:id:yokohamamiuken:20190930214834j:image

 

開けた瞬間、良か良かなどと口走ってしまうようなビジュアルです。冷めていても美味しいのが弁当の真骨頂なるかな。


f:id:yokohamamiuken:20190930214847j:image

 

かつは、どうやって成形したのかと考えてしまうような真四角。ここまで四角いと、人工肉かと勘ぐりたくなりますが、勝烈庵ですから、それはないでしょう。


f:id:yokohamamiuken:20190930214852j:image

 

厚みもあり、味付けも良くて、柔らかくて最高。みうけんはとんかつにはソースはつけずにカラシだけで頂きますが、塩胡椒と肉の味だけで充分にごはんが進みます。

 

f:id:yokohamamiuken:20190930214829j:image

 

ごはんもふっくら炊けており、冷めているのにツヤツヤして美味しいごはん。

やはり、勝烈庵は伊達ではありません。

 

いつ食べても美味しい勝烈庵のとんかつ。

次回はお店で食べてみたいと思いました。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

勝烈庵 相鉄ジョイナス店とんかつ / 横浜駅新高島駅平沼橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5