みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

唐揚げ、海鮮チヂミ、鍋焼きビビンバとソヂュハナ!!

今日の夕飯です。

まずは辛いモノ嫌い、野菜ばかりだとブーブー言う子供達用に唐揚げです。

 

f:id:yokohamamiuken:20190912074317j:image

 

醤油と紹興酒を同量、チューブにんにく、チューブしょうが、卵、マヨを混ぜたタレに1時間漬けたら、一旦汁気を切ってから片栗粉を混ぜ込んで揚げるだけ。簡単!!

 

次に、チヂミ粉にニラ、冷凍シーフード(えび、あさり、いか)をブッ込んで。


f:id:yokohamamiuken:20190912074306j:image

 

ゴマ油をたっぷり入れた、みうけんさん愛用の横浜・山田工業製の鉄フライパンをカンカンに熱してジュワッと揚げ焼き!!


f:id:yokohamamiuken:20190912074303j:image

 

クルッとひっくり返して、またまた揚げ焼き!


f:id:yokohamamiuken:20190912074337j:image

 

最後にまたまたクルッと。

外はカリカリ、中はふっくらで美味しいですよ!!


f:id:yokohamamiuken:20190912074333j:image

 

タレは醤油、すし酢、ニラ、白ごま、ごま油。

量は適当です。


f:id:yokohamamiuken:20190912074309j:image

 

韓国のチョンゴル鍋にごま油を引いて、ご飯を乗せてカリカリに焼きます。焼きながら、ナムルをガンガン乗せ、生卵の黄身、えごまの葉、コチュジャンをドバドバ。

 

ナムルはほうれん草、しめじ、ゼンマイ、豆もやし、大根。キムチも載せました。


f:id:yokohamamiuken:20190912074300j:image

 

ご飯がおコゲになったら、豪快に混ぜます。

混ぜながら、さらに鍋底に追いごま油をします。混ざったら、さらに焼いてカリカリ部分を増やします。


f:id:yokohamamiuken:20190912074344j:image

 

これこれ、このカリカリが食べたかったの!!


f:id:yokohamamiuken:20190912074256j:image

 

思わず、お酒をあけちゃいました。

軽くね。チャミスルフレッシュね。

ソヂュハナ!(소주하나=焼酎一本)


f:id:yokohamamiuken:20190912074320j:image

 

余ったごはんとナムルは弁当箱に詰めて、明日のお昼ごはんに活用されます。

職場の昼ごはんがビビンバとは、なんとも贅沢な話ですよ。


f:id:yokohamamiuken:20190912074313j:image

 

韓国には54回行きましたが、やはり韓国料理は荒削りで繊細さや美しさという点では他国の料理には敵わないです。

 

飾り切りしたり、綺麗に盛り付けしたり素材の色や味を活かすという思想に乏しいようで。

それでも個人的に好きなのでまた作りたいと思います。