みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

曙町の「寿々喜家 曙町店」で並+のり

一年半ぶりに訪問です。

看板表記は寿々㐂家さん。本店は上星川にあります。

最近、疲れた日は濃いものが欲しくなります。そんな時は家系。久々に寿々喜家さんの味が恋しくなって行ってまいりました。

 

f:id:yokohamamiuken:20190909141836j:image

 

入店してすぐの食券機で券を買います。

今回は「並+のり」(800円)。好みはもちろん、全て普通でお願いしました。

 

カウンターのみの店内は半分くらい席が埋まっていて、皆さん黙々と麺をすすっているんですが、食べ終わって出るときには一様に笑顔なのが印象的です。

 

カウンターの上には、にんにく、しょうが、豆板醤、トウガラシ、コショウ、醤油、酢といろんなものが並んでいるんですが、みうけんは使いません。味を変えなくても美味しいからです。

 

なんてブツクサ言ってるとサクッと着丼です。

まずはスープ。

醤油がガツンと来る濃いめのスープ。よく、家系の真髄は「豚骨醤油」ではなく「醤油豚骨」だなんて言いますが、まさにその通り。

でも直系よりは幾分マイルドで、豚骨を丁寧に煮出したコクと旨味が際立っています。


f:id:yokohamamiuken:20190909141850j:image

 

麺は平打ちに近い麺。

家系独特のモチモチ食感も生きていますよね。茹で方はテボで茹でてからの、平ザルで湯切り。

スープとの馴染みもよくて量、湯切りともに申し分ない出来栄えです。


f:id:yokohamamiuken:20190909141843j:image

 

チャーシューは、小さめだが旨いチャーシュー。

赤身肉メインで脂身は少なめ。下味がしっかりしており、肉の旨味をしっかり楽しめます。


海苔はスープをよく吸いますが、しっかりしているのでバラバラにはなりません。

この海苔をスープを浸して麺に巻いて食べるのがウマい。

 

ほうれん草は通常のクタクタほうれん草です。

 

f:id:yokohamamiuken:20190909141846j:image

 

やはり、いつ来ても期待を裏切らない一杯です。

また機会があれば、ぜひとも再訪したいと思います。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

寿々喜家 曙町店ラーメン / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7