みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

中央の「来々軒」で半チャーハン、ワンタンメン

戸部の大通り沿いにある街中華屋さん。

前を通るたびに気になっていたけれど、グーグルマップの口コミがさんざんな書かれようで、イマイチ足が向かなかったお店です。

 

f:id:yokohamamiuken:20190509154413j:image

 

店頭には見本がたくさん並べられています。

時折おトウさん方が足を止めては見本に見入っている姿を見かけます。


f:id:yokohamamiuken:20190509154406j:image
f:id:yokohamamiuken:20190509154426j:image
f:id:yokohamamiuken:20190509154402j:image
f:id:yokohamamiuken:20190509154359j:image

 

さぁ、考えていても始まりません。

さんざんな評価の真偽を確かめないことには、死んでも死に切れませんw

イザと入店すると、1階はテーブル8席のみ。

2階もあるみたいですね。

 

なんだか吉村屋の社長や石神さんも来ているようです。どんなつながりなんだろう?


f:id:yokohamamiuken:20190509154350j:image

 

今回は、いつもの定番メニューのワンタンメンに1品加えて「半チャーハン、ワンタンメン」(700円)にしました!


f:id:yokohamamiuken:20190509154345j:image

 

まずは、ワンタンメンから。

見た感じは普通に美味しそうです。茶色いスープに浮かぶ紅白のナルトが映えてますね!


f:id:yokohamamiuken:20190509154417j:image

 

まずはスープから。

む?  もう一口、むむむ・・・?

コクがない・・・というか味がほとんどない。

薄味とかアッサリとか、ではありません。なんだこれは、というレベルでまるでお湯のようです。

麺はよく縮れた麺で、シコシコな茹で加減なのは良いですが。いかんせんスープがこれじゃあ・・・


f:id:yokohamamiuken:20190509154422j:image

 

ワンタンは、アンは小指の爪ほどもないちんまりした大きさです。

皮はしっかりしており、食感を楽しめますがやはりスープが薄味すぎておいしくありません。


f:id:yokohamamiuken:20190509154409j:image

 

ほかの具材は青菜、ナルト、チャーシュー。

これも特に特筆すべき点はなし・・・。

 

チャーハンに行きましょうか。

卵、チャーシュー、ナルト、グリンピースといった具材ですが、こちらも塩気がほとんどなく淡白すぎるうえに量も少なくて。


f:id:yokohamamiuken:20190509154355j:image

 

麺と飯のセットでありながら、ここまで満足度が低い食事もなかなかありません。

おまけにおばちゃんも無愛想とくりゃあ・・・。

選択肢が多い横浜の街で、わざわざの再訪はないですね。

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

来々軒中華料理 / 戸部駅平沼橋駅高島町駅
昼総合点☆☆☆☆ 1.5