みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

弥生町の「中国蘭州牛肉拉麺 王記」で蘭州牛肉拉麺など

伊勢佐木長者町駅から徒歩8分くらいかな。

カレーが美味しい「バーグ」と、他のラーメン屋に挟まれた立地です。

もうすっかり常連になってしまいました。

 

f:id:yokohamamiuken:20190105223235j:image

 

今回はビールを注文したので、揚げピーナツをおつまみにもらいましたよ。例によってアッという間に子供に取られました。f:id:yokohamamiuken:20190105223244j:image

細君は中国で知らぬ者はいないというポピュラーなお茶「王老吉」(ワンラォヂー)にしました。紅茶を飲んでるようで美味しいよ。

とても健康に良いそうです!
f:id:yokohamamiuken:20190105223230j:image

 

「クリスタル餃子」(7個690円)。

や〜 いつも美味しいですね。いわゆる羽根つき餃子ですが、皮はパリパリ!皮はモチモチ!あんはジューシー!肉汁ジュワー!
f:id:yokohamamiuken:20190105223319j:image

 

「牛肉の激辛煮」(890円)

みうけんが大好きな逸品。以前は本当に辛かったのが、日本人向けに抑えられた感じです。

具も春雨が入り食べ応えが増しました。
f:id:yokohamamiuken:20190105223323j:image

 

柔らかな牛肉、野菜、春雨がピリ辛で旨味のあるスープに入り大変な美味しさです。
f:id:yokohamamiuken:20190105223307j:image

 

「五目炒飯」(580円)

これは特筆するほどではないし五目どころか二目くらいなんですが、まぁ炒め加減がみうけん好みですな。パラパラすぎず、少ししっとり。
f:id:yokohamamiuken:20190105223214j:image

 

そうこうしているうちに、厨房ではビタンバタンと麺打ちが始まりました!!
f:id:yokohamamiuken:20190105223251j:image

 

大きな小麦粉のカタマリが、瞬く間に伸ばされてはねじられ、伸ばされてはねじられし、麺に変わっていく姿は一見の価値あり。
f:id:yokohamamiuken:20190105223220j:image

 

機械製麺が当たり前の時代にあって、こんな風に手作業で打ってもらえる麺がいただけるのは実に贅沢な話です。
f:id:yokohamamiuken:20190105223335j:image

 

「牛肉ラーメン」(780円)の完成です。

子供が食べるので辛さは無しにしてもらっています。
f:id:yokohamamiuken:20190105223347j:image

 

さっきまでダンゴのようだった小麦粉のカタマリがこんな麺になってしまうなんて不思議でなりません。

具材の大根や牛肉も柔らか〜く煮込んであり美味!!

f:id:yokohamamiuken:20190105223329j:image

 

ついでに、「鳥の唐揚げ」(500円)も注文しましたが、すっかりお腹いっぱいになった頃にやってきました。

これはいらなかったかなぁ。ジューシーでなかなか美味しいんですけどね!

f:id:yokohamamiuken:20190105223224j:image

 

やはり、この店は何度来ても良いですね。

店員さんも優しいし、料理はリーズナブルだし、居心地もよい。

 

これからも利用させて頂きます!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

中国蘭州牛肉拉麺 王記中華料理 / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅日ノ出町駅
夜総合点★★★★ 4.0