みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

弥生町の「中国蘭州牛肉拉麺 王記」で中華いろいろ

もはや詳しい説明は不要かと思います。

大通り公園沿いにある蘭州手打ちラーメンのお店で、みうけん家は行きつけになっています。

 

f:id:yokohamamiuken:20190901223855j:image

 

今日も柔らかな笑顔がステキな店主が出迎えてくれましたよ。まずは好物「ピータン」(290円)から。

思いのほかたくさん入っていてピータン好きは大歓喜です。この独特な味、香り、食感がたまりません。


f:id:yokohamamiuken:20190901223841j:image

 

次はまだメニューには載っていない新メニュー「ルーローハン」。値段は失念です。

中華街や伊勢佐木モールあたりでよく見る、角煮と味玉が乗ったタイプとは違いますよね。


f:id:yokohamamiuken:20190901223817j:image

 

肉の細切りを煮込んだもの、青菜、そぼろ、目玉焼き。これはこれで現地の屋台とかで食べられそうだな。店主の故郷では、こういう食べ物かもしれませんね。


f:id:yokohamamiuken:20190901223754j:image

 

言われた通り、よく混ぜ混ぜして頂きます。

少し酔来丼ちっくでもあり。お味は決して悪くはないですよ。


f:id:yokohamamiuken:20190901223831j:image

 

「黒豚焼き餃子」(450円)。

全て手作りです。羽根はパリパリ! 醤油とお酢もよいが、ここはやはり香醋でしょう! 減塩にもなります。

f:id:yokohamamiuken:20190901223903j:image

 

そして、やはり欠かせないのがこれ。

舌の上で味じ 丁寧に作る 「蘭州牛バララーメン」(790円)です。

まずは辛くないバージョンを作っていただきました。辛くないのは子供用に。

f:id:yokohamamiuken:20190901223823j:image

 

大人用にはデフォルトのラー油入りのものを。

見た感じ赤いですが、それほど激辛ってわけでもありません。


f:id:yokohamamiuken:20190901223809j:image

 

「蘭州やきそば」(820円)。

こちらももちろん手打ち麺。手打ち麺をたっぷりの野菜とともに中国の甘い醤油で炒めてあります。

みうけんは、焼きそばはあまり好きではありませんがこれは美味しいと思います。


f:id:yokohamamiuken:20190901223851j:image

 

今日もお腹いっぱい食べました。

横浜の夜は楽しく更けていきます。


f:id:yokohamamiuken:20190901223804j:image

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

中国蘭州牛肉拉麺 王記中華料理 / 伊勢佐木長者町駅阪東橋駅日ノ出町駅
夜総合点★★★★ 4.0