みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのJog・CE50。時速30キロで見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。

福富町の「楊家菜館」で麻辣牛肉刀削麺

住所的には長者町なんだけど、長者町は長いんで福富町にさしてもらいました。

 

ハマの不夜城、今や横浜駅西口よりも賑わう福富町において深夜に煌々と明かりを灯すお店です。

てなわけで、「麻辣牛肉刀削麺」(880円)おねがいしま〜す!!

 

f:id:yokohamamiuken:20181117094554j:image

 

この日は遅い日勤の帰り。すでに23時に近づき、客層は中国人しかいない!

日本人は自分だけ。

 

f:id:yokohamamiuken:20181117094612j:image

 

けっこうな賑わいなんですが、タバコがすごくて。

 

f:id:yokohamamiuken:20181117094647j:image

 

しかし見るからに辛そうで美味そうな、このビジュアル!

この紅いスープとピロピロの麺に心踊らなければ真の麻辣好きとは呼べまい!

まさに、東アジアの赤い芸術。これを中国語で「东方红」(ドンファンホン)と呼び、歌劇まで出来てしまった・・・

 

f:id:yokohamamiuken:20181117093817j:image

 

・・・というのは真っ赤なウソです(´Д` )

 

戯言を抜かすのはこれくらいにして、まずはスープ。あっつあつだね!辛さにばかり気を取られていたらクチビル火傷したし!

味は見るからに辛そうだが、辛さはそれほど強烈ではない。

しかしムセればダメージは計り知れないよ!!

麻辣といいながら麻は弱く、辣が立っている感じでスープベースはアッサリした牛骨ダシ。

抵抗なくスルスルとイケちゃうスープです。

 

f:id:yokohamamiuken:20181117094714j:image

 

麺は、比較的均等な削り加減。熟練の手練れか? 全自動刀削麺削り機か?(本当にあります)

モチモチな食感で、実に食べ応えあり。

やはりスープとの相性もよい!

量はかなりあり、後半からだんだん無心になりながらの麺喰いです。

 

f:id:yokohamamiuken:20181117023045j:image

 

牛肉がまた、柔らかに煮込まれているのよ!

一口大のものがゴロゴロ入っていて、食べ応えは充分だね!

ほかには青菜が入っています。

全体的に量が多いので。かなりの大食漢でなければ食べきるのは大変だろうと思います。

華隆餐館も美味しいんですが、ホッコリと優しい刀削麺を食べたい時にはココですね。

 

あと、備忘録としてメニュー写真も。

 

f:id:yokohamamiuken:20181117094851j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094908j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094900j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094830j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094840j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094823j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094812j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094915j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094856j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094919j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094845j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094922j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094926j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094816j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094904j:image
f:id:yokohamamiuken:20181117094833j:image

f:id:yokohamamiuken:20181117023130j:image

 

このお店は個人的に好きなので、また是非とも再訪させて頂こうと思います!

 

↓↓↓食べログもごひいきに願います↓↓↓

 

東北四川料理 楊家菜館中華料理 / 伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅関内駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5