みうけんのヨコハマ原付紀行

愛車はヤマハのシグナスX。原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。※現在アップしている「歴史と民話とツーリング」の記事は緊急事態宣言発令前に取材したものです。

  愛車はヤマハのシグナスX。   原付またいで、見たり聞いたり食べ歩いたり。
  風にまかせてただひたすらに、ふるさと横浜とその近辺を巡ります。
  インスタのフォローお願いします! クリック Gо!!➡@yokohamamiuken

中区本牧三之谷の「興旺」でワンタンメン

 

本牧通りから一歩入ったところにある町中華。

大通りからは決して目立たないお店で、知る人ぞ知る存在です。

 

実は前々から気になっていたお店でもあるのですね。

というわけで、今日のお昼はここに決めた!!

 

f:id:yokohamamiuken:20220717220454j:image

 

ガラッと扉を開けてコンチャーと中へ。

中はカウンター×7、4人がけ×2の構成。

 

円卓もあって、この時は地元の方に寄って宴会が始まっていました。

切り盛りされるのは、人の良さそうなおじさんのワンオペ。

 

◆◇◆ワンタンメン◆◇◆(税込840円)でヨロシク!!

一人で宴会を担当されている事もあり、ちょっと時間かかるとのこと。

 

まぁ、いいかと思い10分ちょいで着丼!!


f:id:yokohamamiuken:20220717220509j:image

 

なんだ、けっこう手際よいじゃん!!

 

まずはスープから。

んーーん、特徴がないスープ・・・

 

よく言えば、激あっさり。

逆に言えば、コクがあまり感じられない・・・

 

もう少し出汁がほしいなぁ。


f:id:yokohamamiuken:20220717220501j:image

 

麺はけっこう堅めな茹で加減。

手際よく平ザルで湯切りされていましたが、ちょっと粉っぽいなおい!!

 

このスープに相性がよい、好みのストレート細麺であるだけに。

もう一段、じっくり茹でてほしいところ。


f:id:yokohamamiuken:20220717220457j:image

 

ワンタンは、皮は小さ目、具がたっぷりで水餃子のようです。

ニラかどうかわかりませんが、鮮やかな青菜がたくさん入っていました。

 

これは餃子の具の流用なのか。

それとも、これはこれでオリジナリティあるワンタンなのか。

 

ただし、6個入っていたので食べ応えはあります。


f:id:yokohamamiuken:20220717220506j:image

 

◆◇◆後記◆◇◆

 

気づいた方は気づいたでしょうけれど。

なんとも潔いワンタンメンです。

 

なにしろ、スープには麺とワンタンしか入ってないんだからね。

ラーメンだったら具なしになるのかな? そこは食べてみないとわかりませんが。

 

この時は宴会の対応で忙しくて、いろいろと荒削りだったのかも知れません。

それにしても、もうちょっとなー。

 

840円とるなら、もうちょっとなー。

 

これは、宴会がない時にリベンジして、再確認せねばなりませんね。

 

なお、おじさんの人柄が良かったのは救いでした。

 

 

再訪希望値:★☆☆ 他になければ

 

 

 

【みうけんさんおススメの本もどうぞ】

※食べログでは表示されません

 

★☆食べログもごひいきに願います☆★

興旺中華料理 / 山手駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

 

 

┳┳┳フォローお願いします!!┳┳┳

 

 instagram ( @yokohamamiuken )

 食べログ  ( みうけん )

 Twitter ( @yokohamamiuken )

 

基本、毎日更新しています!! 

 

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。